空旅.comなら ジェットスター航空券を最安値検索でき、簡単に予約できます! 全券種値下げ!最大 83%OFF

国内格安航空券最安値検索

ジェットスター人気ランキングジェットスター人気ランキング

ジェットスターは、2012年7月1日に、カンタス航空・日本航空・三菱商事の3社が共同出資し、日本を拠点に就航を開始いたしました。 成田・関西・中部空港を中心に各主要都市(札幌・福岡・那覇・松山・鹿児島・大分)に就航しております。 国際線を中心に展開をしていたLCCのジェットスターですが、国内線にも就航するようになってから、LCCの一つとして国内線も一段と便利になりそうです。 ジェットスターは、LCCということもあり、路線が合えば割安な価格帯が実現します。

こちらの14社の横断検索が可能です。

  • JAL予約
  • ANA予約
  • スカイマーク
  • フジドリームエアラインズ
  • エアドゥ
  • IBEXエアラインズ
  • ピーチ
  • Oriental Air Bridge
  • バニラエア
  • 天草エアライン AMX
  • 春秋航空
  • スターフライヤー
  • ソラシドエア

ジェットスターの国内線の価格/サービスのご案内

ジェットスターの国内線を、なるべく安く購入するには?

ジェットスターはオレンジをベースにした格安航空会社です。オーストラリアのカンタス航空、日本航空、三菱商事の三社が共同出資して日本とオーストラリアをつなぐ国際線から始まりました。のちに国内線のサービスを開始し、今では成田、関西、中部空港を拠点とし、LCC国内線の就航数一番を誇っています。
その魅力は何といっても安さにあります。サービスを徹底的に見直しました。従来のようにサービスを一律にするのではなく、個人のニーズに合わせてオプションでサービスを付けるスタイルになったのです。
予約はインターネットのほか、コールセンターへの電話予約、マルチメディア端末が設置されているコンビニでも可能になっています。また空港でも空席がある場合は直接購入することもできます。コールセンターやコンビニでは別途の手数料がかかりますから、インターネットによる予約が一番安くなるでしょう。セールが開催されていると、より安く購入することも可能です。
また、ジェットスター運賃体系は、空席数によって料金が変動する空席連動型ですので、なるべく早めに予約をするのが安く購入するポイントになります。

ジェットスターの国内線の特典のサービスとは

ジェットスター国内線は「Starter」とよばれるエコノミー席が基本になります。オプションで個別の有料のサービスを付けることも可能ですが、「荷物を預けたい」「座席を指定したい」「機内食を頼みたい」「フライトの変更の可能性がある」「欠航や遅延が心配」という方にはあらかじめ1,600円~をプラス(2016年12月現在)する「Starter Plus」や、サービス内容をさらに充実させる「Starter Max」というオプションも用意されています。

ジェットスターの国内線格安航空券のご予約について

当日空港のチェックイン~搭乗までの流れ

航空券引換証を印刷するにはどうしたらいいですか?
スマートフォンがあれば、ペイパーレスで搭乗できます。国内線ジェットスターでは預ける荷物がない方は、スマートフォンやパソコンを使ってチェックインが可能です。カウンターに並んで手続きをする必要がありません。モバイル搭乗券を提示して保安検査を通過し、搭乗できます。
他にもカウンター近くに設置してある自動チェックイン機でチェックインをすることもできますし、カウンターに並んで手続きを行うこともできます。
空港のチェックインは、出発の何分前に締め切りになりますか?
フライトにより違ってくるので注意が必要です。90分前~2時間前よりチェックインの受付けが開始されます。そして多くは30分前までにチェックインを終了し25分前までには搭乗口にいる必要があります。 ただし、国際線ターミナルから出発する国内線のジェットスターを利用している場合は、チェックインは3時間前から開始され、出発の1時間前にはチェックインが締め切られ、40分前までに搭乗口にいなければなりません。出発15分前になると搭乗ができなくなるおそれがあります。 フライトによって違ってきますので、必ず確認をして、空港には余裕を持って出かけるようにしましょう。
各空港のチェックイン、手荷物カウンターはどこにありますか?
成田国際空港
第3旅客ターミナル2階
駅のある第2ターミナルと第3ターミナルは少し離れていて、移動に時間がかかるので、空港には余裕をもって向かった方が良いでしょう。
関西国際空港
第1ターミナルビル2階
他のLCCが利用する第2ターミナルビルとは違うので注意しましょう。
新千歳空港
国内線ターミナル2階
中部国際空港
ターミナル3階
高松空港
ターミナル1階
松山空港
ターミナル1階
大分空港
国内線ターミナル1階
福岡空港
国内線旅客ターミナル1階
熊本空港
国内線ターミナル1階
鹿児島空港
国内線ターミナル1階
那覇空港
国内線旅客ターミナルビル3階
他のLCCが利用するLCCターミナルではないので注意しましょう。

座席の指定について

基本の「Starter」では座席の指定ができません。友人や家族と隣り合った席を希望する場合は、有料で座席指定をするか、「Starter Plus」または「Starter Max」にグレードをアップする必要があります。 「Starter Plus」で無料で指定できる座席はスタンダード席に限りますが、「Starter Max」では機内の前方の座席であるアップフロント・シートや、足元のスペースが広くなっているエクストラ・レッグルーム・シートも指定できます。 ただし、アップフロントやエクストラ・レッグルームの座席は非常口列座席になるために、15歳以上である、幼児を同伴していない、非常時にクルーの指示が理解できるなどの条件を満たしている必要がありますので、予約時に確認が必要です。

手荷物のサイズ・重量について

機内に持ち込める手荷物
機内に持ち込める手荷物
個数 手荷物1個ほか、身の回り品1個 の合計2個
重さ 32kgまで

機内に持ち込める手荷物はハンドバッグなどの手回り品とキャリーケースなどの荷物2品までです。そのかばんのサイズや重さには厳しい制限があるので事前に確認しておく必要があります。
・機内持ち込み手荷物の重量
エコノミーではハンドバッグやケースなどすべて合わせて7キロまでです。
・機内持ち込み手荷物のサイズ
キャリーケースなどのカバンでは、高さが56cm、幅が36cm、奥行きが23cmまでになります。キャスターや取っ手も含まれるので注意をしましょう。
スーツカバーなどでは、高さが114cm、幅がW60cm、奥行きが11cmまでです。
手荷物のサイズと重量が機内持ち込みの制限を超えない場合は、無料で受託手荷物として預けることも可能です。機内に持ち込むつもりで制限を超えていた場合は受託荷物とされ、料金が請求されます。

受託手荷物(空港のカウンターで預けるお荷物)
受託手荷物
個数 制限なし
大きさ 長さ1.9m以内
重さ 32kgまで

機内手荷物の規定を超える荷物については機内に持ち込めませんので、あらかじめ受託手荷物として、航空券を予約する際に申し出をして、支払いを済ませておくのがおすすめです。
予約するフライト1便から、1人ずつ、受託荷物の有無から重さまで選ぶことが可能になっています。例えば、行きは荷物が少ないので受託手荷物は無しにして、帰りはお土産の分と10キロの受託手荷物を追加しておくということができます。家族4人の予約を同時にしても、受託手荷物を付けるのは1人でも構いません。
エコノミークラスの「Starter」運賃の方は、受託手荷物のサービスがつきませんから、希望する場合は有料になります。必要であれば、予約時に、受託手荷物のご希望重量枠を選びます。重量枠は15kg~40kgまで5kg単位で選べます。
エコノミークラスの「Starter Plus」運賃の方は、受託手荷物は日本国内線では10kgまで無料です(2016年12月現在)。40kgまで5kg単位で有料で追加できます。
エコノミークラスの「Starter Max」運賃の方は、30kgまで無料です。さらに最大10kgの合計40kgまで追加できます。

受託手荷物を預けるには、どうしたらいいですか?
チェックイン時にカウンターに受託手荷物を預けます。航空券を予約する際に受託手荷物の支払いをすましておくのが一番経済的です。チェックイン時に受託手荷物を申し込むと、15キロ未満の手荷物でも15キロからの料金が請求され、1キロを超えるごとに超過料金がかかります。2016年12月現在では日本国内線の15キロの受託手荷物料金は2,600円で、1キロごとに800円の超過料金が設定されています。

予約の変更・キャンセル・払い戻し

予約変更可能な券種、条件付きで便変更可能、予約変更ができない券種の予約の変更について

エコノミー「Starter」の場合

運賃の払い戻しはできません。 フライト日時の変更は手数料と運賃の差額を支払えば可能です。
出発地と到着地の変更はできません。
搭乗者の氏名の変更はコールセンターのみで可能で、手数料及び変更時の運賃料金が適応され、その差額を支払わなければなりません。往復便を購入している場合は全てが変更されます。ただし、カンタスフリークエントフライヤーなどポイントを利用して航空券を購入した場合は変更ができません。

エコノミー「Starter Plus」の場合

運賃の払い戻しはできません。 フライト日時の変更は運賃の差額を支払うことで可能です。 出発地と到着地の変更はできません。 搭乗者の氏名の変更はコールセンターのみで可能で、手数料及び変更時の運賃料金が適応され、その差額を支払わなければなりません。往復便を購入している場合は全てが変更されます。ただし、カンタスフリークエントフライヤーなどポイントを利用して航空券を購入した場合は変更ができません。

エコノミー「Starter Max」の場合

運賃の払い戻しは手数料を支払えば可能です。払い戻しの申告は出発予定日当日の23時59分までです。 フライト日時の変更は運賃の差額を支払うことで可能です。
出発地と到着地の変更は運賃の差額を支払うことで可能です。
搭乗者の氏名の変更はコールセンターのみで可能で、無料で行えます。ただし、往復便を購入している場合は全てが変更されます。カンタスフリークエントフライヤーなどポイントを利用して航空券を購入した場合は変更ができません。

予約のキャンセル方法や、台風・悪天候などにより、飛行機が遅延・欠航した場合の払い戻しについて

予約の変更はウェブサイトで行えます。飛行機が6時間以上の遅延や欠航した場合、「Starter Plus」の方は1万円、「Starter Max」の方は2万円のお見舞金を受け取ることができます。ただし、払い戻しを行った場合にはお見舞金は受け取れません。

各種サービスお客様サポート

小さなお子様のご利用について

小さなお子様のご利用について
小児運賃の確認方法は?
ジェットスターでは2歳未満は幼児とし、幼児料金の設定がされていますが、座席を使用しない限り無料で搭乗できます。ただし、ジェットスターには小児運賃の設定がありませんから、2歳以上になると、大人と同じ運賃になります。※空港使用料が異なる場合があります。
子供一人で飛行機に搭乗できるのは何歳からですか?
12歳を過ぎると一人で搭乗できます。身分証明書の提示を求められることもありますから、パスポート、健康保険証、学生証などを準備しておいた方が良いでしょう。
ジェットスターでは子供の介助や監督をする十分なスタッフが確保されていないとしていて、11歳までは適切な同伴者が必要になります。12歳以上になると2歳から11歳までの子供の適切な同伴者として認められますが、0歳から2歳までは15歳以上の大人が必要です。

幼児運賃と予約方法

幼児運賃と予約方法
ベビーカーの貸出や、チャイルドシートの預け入れはできるか?

ベビーカーやチャイルドシートなどベビー用品はチェックインの際に無料で預け入れが可能です。ベビーカーについては、折りたたんだ時に機内持込手荷物のサイズ(高さ56cm×幅36cm×奥行23cm)より小さく、保護カバーやバッグなどで安全に梱包されているものであれば、機種によっては機内に持ち込むことが可能です。通常の機内持込手荷物の枠とは別に、持ち込めます。機内持込手荷物の規定サイズを超えるベビーカーは、受託手荷物として預けなければなりません。 ベビーカーの貸出サービスはありません。
幼児座席を購入した場合は、ジェットスター規定内のチャイルドシートであれば、機内に持ち込むことが可能です。

妊娠中のご利用について

妊娠中のご利用について
妊娠中の搭乗に必要なもの
ジェットスター国内線に搭乗する場合、妊娠36週を超えている妊婦は医師の診断書の提示を求められることがあるので準備が必要です。診断書は搭乗時10日以内のものとされています。診断書には妊娠予定日および多胎妊娠か単胎妊娠かの記載、妊娠合併症の有無の記載が必要です。

ご搭乗にお手伝いが必要なお客様のご利用について

ご搭乗にお手伝いが必要なお客様のご利用について
おからだが不自由なお客様、病気やけがをされているお客様の搭乗サポート

十分なスタッフの確保ができない点から、基本的には介助や監督なしで安全に旅行ができない場合は同伴者の搭乗が必要です。ただし、歩行障がいのある方、認定された補助犬を連れて搭乗が必要な方、視覚障がいのある方、聴覚障がいのある方、医療用酸素ボンベの使用が必要な方については、介助が受けられます。

車椅子の貸出や、車椅子の預け入れの申込みは?

ジェットスターでは、空港内で使用する車椅子と航空機の乗り降りで使用する2種類の車椅子を用意しています。幅広の自走式車椅子は、介助者がいなくても、自分で操作できますが、幅狭の通路用車椅子については、同伴者かジェットスターのスタッフの補助が必要になります。 車椅子や歩行に必要な器具などは無料で預けることが可能です。飛行機の機種によって預けることのできる車椅子の大きさが多少違ってくるので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。電動式車椅子についてはジェットスターの承認が必要です。5日前までに事所定のフォームに記載をして前の申し込みが必要です。

ペットのお預けについて

ペットのお預けについて
ジェットスターが国内線で預けられるペット
ジェットスターでは与圧調整設備を備えていないので、ペットは預けられません。ただし、認定された補助犬については搭乗が認められています。

ジェットスターの国内線の空港・機内サービス

ジェットスターの国内線の空港・機内サービス
お食事とお飲み物
食事を希望する際は、フライトを予約するときに購入する必要があります。飲み物や軽食やスナック類は機内で販売されています。「Starter Plus」を購入した方には温かい飲み物がついてきます。「Starter Max」を購入した方には500円分の機内バウチャーがついてきます。
ジェットスターの国内線の空港・機内サービス
Wi-Fiサービス・機内エンターテイメント
機内でのエンターテイメントとして、有料で洋画、邦画、音楽、ゲーム、テレビ、子供向け番組等が楽しめます。座席の背部に備え付けのスクリーンが用意されていることが多いですが、機種によっては違います。
ジェットスターの機内誌も用意されていて、旅行情報などが満載です。お持ち帰りすることができます。
基本的に携帯電話や電子機器は、離陸時から着陸後の滑走が終了するときまで、使用できませんが、フライトモード(機内モード)の設定がある場合のみ、使用できます。フライトモードでは、電話をかけたり、SMSやEメールを送信したりすることは出来ません。"

Jetstarに関する新着記事

東京・大阪・名古屋の3路線あり!ジェットスターの福岡空港発着便の料金はどれくらい?

ジェットスターの福岡空港発着便の路線は成田空港・関西空港・中部国際空港の3路線があります。空港によってはチェックインカウンターが空港の端にあり、移動に時間がかかるため注意が必要です。今回は、ジェットスターの福岡空港発着便 […]

続きを読む