空旅.comなら スターフライヤー航空券を最安値検索でき、簡単に予約 全券種値下げ!最大 83%OFF 空旅.comなら スターフライヤー航空券を最安値検索でき、簡単に予約

国内格安航空券最安値検索

スターフライヤー人気ランキングスターフライヤー人気ランキング

スターフライヤーの航空券は、28日前までの予約が可能な「STAR 28」、7日前までの予約が可能な「STAR 7」、前日までの予約が可能な「STAR 1」といったおトクな航空券を取り扱っております。また、他にも「スターQ割(地元割引運賃)」、「スター学割(学生割引運賃)」、「スター・ジャストプラス(同行者割引運賃)」、「スターシニア」、「身体障がい者割引運賃」、「介護割引運賃」、「株主優待割引運賃」、「STAR LIMITED」といった各条件に該当されるお客様には嬉しい航空券もございます。

こちらの14社の横断検索が可能です。

  • スカイマーク
  • JAL予約
  • ピーチ
  • フジドリームエアラインズ
  • エアドゥ
  • IBEXエアラインズ
  • ジェットスター
  • Oriental Air Bridge
  • バニラエア
  • 天草エアライン AMX
  • 春秋航空
  • ANA予約
  • ソラシドエア

スターフライヤーの感想・口コミスターフライヤーの感想・口コミ

利用者からの感想・口コミ

年齢
ご利用の路線往復
復路
目的
レビュータイトルレビュータイトル
  • 悪い 普通 良い
    総合評価
  • 悪い 普通 良い
    サービス
  • 悪い 普通 良い
    価格
  • 悪い 普通 良い
    快適さ
レビュータイトルレビュータイトル
レビュー (9)
Avatar
2017/9/6
54歳/男性
ご利用路線羽田→北九州
目的旅行

初のスターフライヤー

実家に帰る際に初めてスターフライヤーを利用してみました。羽田がかなり混雑していたため、10分くらい出発が遅れましたが、到着時刻はなぜか予定通りでした。期待の見た目も機内も黒色で統一されていて、黒皮のシートなど大人な格好良さが溢れていました。この高級感でJALやANAよりも安いなんて、、。スターフライヤーのファンになりました。無料サービスのドリンクとチョコレートもすごく良かったです。座席のモニターも動画やコンテンツが豊富だったので終始快適に過ごすことができました。
  • 悪い 普通 良い
  • 総合評価
    Ranking
  • サービス
    Ranking
  • 価格
    Ranking
  • 快適さ
    Ranking
Avatar
2017/9/4
30歳/男性
ご利用路線北九州→羽田
目的出張

また使います

福岡から帰りの便で利用しました。値段を抑えたかったのでLCCを使いたかったのですが、成田に到着してしまうので成田からの移動時間を加味すると羽田が理想でした。そして時間も値段もちょうどいいのがスターフライヤーでした。初めて利用するのでどうかなと思ったのですがシートも革張りで高級感があってよかったです。チェックインから到着まで終始黒ずくめのデザインを見かけました。黒のインテリアや高級感・高品質のコンセプトを前面に出しているのはとても良かったと思います。機内のサービスが際立ってよかった点は特になかったです。
  • 悪い 普通 良い
  • 総合評価
    Ranking
  • サービス
    Ranking
  • 価格
    Ranking
  • 快適さ
    Ranking
Avatar
2017/9/3
28歳/男性
ご利用路線羽田→山口宇部
目的旅行

高級飛行機。

初めて利用しました。感想はとにかく「高級」の一言。値段は高い、そして機内の雰囲気もエレガント。聞いたことのない飛行機でしたので、どうかなーと思っていたのですが良かったです。映画も見れるしサービスも最高。電源ジャックもあるので何も不自由なし。とにかく高級さを全面に押し出していました。ただ、気になるのは最初にも書きましたが料金面。値段の平均が普通にANAとJALと同様なので、安く移動したい人にとっては厳しいのではないでしょうか。しかし、あの空間での空の旅は一度乗ったらまた乗りたくなります。理由を確認してみたら、ビジネスマンの利用が多いそう。なんだか納得です。
  • 悪い 普通 良い
  • 総合評価
    Ranking
  • サービス
    Ranking
  • 価格
    Ranking
  • 快適さ
    Ranking

スターフライヤーの国内線の価格/サービスのご案内

スターフライヤーの国内線を、なるべく安く購入するには?

スターフライヤーには『そら旅』と呼ばれる、事前に予約や購入をすることでお得になる運賃のシリーズがあります。『そら旅』の中で最もお得になるのは『そら旅80』で、搭乗日の80日前までに予約や購入を行うことなどが条件ですが、大人普通運賃から最大で75パーセントほども安くなることがあります。次にお得なのは60日前までに予約や購入が必要な『そら旅60』で、他に、45日前までであれば『そら旅45』、28日前までであれば『そら旅28』、21日前までであれば『そら旅21』といった運賃を利用することもできます。搭乗する日をなるべく早く決めることが、スターフライヤーをお得に利用するポイントと言えるでしょう。また、搭乗日間近に予約をする場合にもスターフライヤーにはお得な運賃があります。『STAR7』は7日前までに予約や購入が必要な運賃で、搭乗する日にちや時間帯によって運賃の設定は異なりますが、大人普通運賃から最大で70パーセント近くお得に利用できることが魅力です。また3日前までの予約と購入が可能であれば『STAR3』、前日までの予約と購入が可能であれば『STAR1』も利用できます。年齢制限がありますが、『スターユース』や『スターシニア』といった搭乗日当日に直接空港で申し込むタイプの割引もあります。

スターフライヤーの国内線の特典のサービスとは

スターフライヤーには『STAR LINK MEMBERS』と呼ばれる、マイレージプログラムがあります。スターフライヤーの飛行機を利用する度にマイルが積算され、貯まったマイルは飛行機に無料で搭乗できる『特典航空券』や、スターフライヤーのオリジナルアイテムなどと交換することが可能です。積算されるマイル数は路線や運賃によって異なり、例えば羽田から福岡を大人普通運賃で利用した場合は567マイル貯まりますが、割引運賃で利用した場合は大人普通運賃の約75パーセントや約50パーセントなどの積算数となります。マイルは飛行機の利用だけではなく、新聞の購読などでも貯まりますし、クレジット機能付きの会員カードであればクレジットを利用することで貯まったり、入会することでボーナスマイルがもらえたりするため、より多くのマイルを獲得したい場合はクレジット機能付きの会員カードに入会するのも良いでしょう。マイルを特典航空券に交換する場合、利用する路線によって必要なマイル数は異なり、例えば羽田から北九州間であれば往復の場合12,000マイル、片道の場合7,500マイルとなっています。特典航空券の申し込みは搭乗希望日の2ヵ月前の午前9時30分から受け付けており、マイルを貯めた会員本人だけでなく、会員の家族や友人など会員が指定した人物であれば誰でも搭乗が可能です。予約は『特典航空券専用デスク』か、インターネットで受け付けていますが、『特典航空券専用デスク』の営業時間は午前10時からとなっています。変更は予約している便の出発前で、かつ新しい搭乗日の2日前までであれば可能です。取り消しの場合はマイルの払い戻しを行ってくれますが、往復であれば5,000マイル、片道であれば3,000マイルが手数料として必要になります。

スターフライヤーの国内線 格安航空券のご予約について

当日空港のチェックイン~搭乗までの流れ

スターフライヤーの搭乗手続きには有人カウンターで行う方法の他に、自動チェックイン機や『スキップサービス』と呼ばれるサービスを利用する方法があります。『スキップサービス』とはカウンターや自動チェックイン機で手続きを行わずに直接保安検査場に行くことができるサービスのことで、予約や購入、座席指定が済んでいる、2次元バーコード付きのお客様控えを持っているなどといったことが利用できる条件です。予約番号や9桁の確認番号、購入に利用したクレジットカードなどで搭乗手続きを行う場合は、有人カウンターや自動チェックイン機に行く必要があります。いずれの方法においても保安検査場の通過締め切り時刻は出発時刻の15分前まで、搭乗口の通過締め切り時刻は10分前までです。スターフライヤーの搭乗手続きは、ほとんどの空港においてANAのカウンターやANAの自動チェックイン機で受け付けており、福岡空港であれば国内線ターミナル1階、名古屋の中部国際空港では国内線ターミナル3階のANAカウンターで手続きを行っています。羽田空港では行き先によってカウンターが異なり、福岡、山口宇部、関西行きの搭乗手続きは第2ターミナル2階のANAのカウンターやANAの自動チェックイン機で、北九州行のみ第1ターミナル2階、南ウィングにあるスターフライヤーのカウンターや自動チェックイン機で受け付けています。北九州空港にもスターフライヤーのカウンターと自動チェックイン機があり、場所は国内線ターミナルの2階です。

座席の指定について

スターフライヤーには事前に座席の指定を受け付けてくれるサービスがあります。予約の発売開始日から搭乗日の4日前までであれば、予約時に座席指定を受け付けてくれますが、搭乗日の3日前から前日までの場合は航空券購入後でないと座席指定を受け付けてくれません。また、飛行機の重量管理といった理由などから、事前に指定することができる座席数には制限があります。そのため予約状況によっては事前に指定できないこともあり、その場合は当日空港などで指定が必要となります。

手荷物のサイズ・重量について

機内に持ち込める手荷物
機内に持ち込める手荷物
受託手荷物(空港のカウンターで預けるお荷物)
受託手荷物

スターフライヤーの飛行機に持ち込むことができる手荷物には条件があります。大きさは荷物の幅と高さ、奥行きの3辺のそれぞれが55センチ、40センチ、25センチ以内にあてはまるもので、かつ3辺の合計が115センチ以内におさまらなければなりません。また1人あたりの重さの制限は10キロまでで、持ち込み可能な個数は1個までとなっています。これに加え、ハンドバッグなどの小さな鞄や傘、カメラなどの身の回り品は持ち込み可能です。ただし、オイルタンク式のライターやガスボンベ、花火などの発火や引火の可能性があるものや、刃物などの危険性があるものは持ち込み禁止となっているため注意が必要です。ガスライターや吸収剤が入ったオイルライターであれば、1人1個まで持ち込むことができるようになっています。スターフライヤーでは、ガラス製品やガラスの容器に入った飲料水などは預ける荷物に入れずに機内に持ち込むよう案内していますが、24パーセントを超えるお酒の場合は制限があり、度数の制限は70パーセントまで、1人あたりの容量は5リットルまでとなっています。預ける荷物にも条件があるため、大きな荷物がある場合や荷物の個数が多い場合には事前に確認をしましょう。大きさは幅と高さ、奥行きの3辺の合計が203センチ以内におさまるもので、1個あたりの重さの制限は32キロまで、1人あたりが預けることができる荷物の総重量は100キロまでとなっています。ただし、無料で預かることができるのは1人あたり20キロまでのため、20キロを超えると重量超過手荷物料金を支払わなければなりません。重量超過手荷物料金は無料の範囲を1キロから10キロ超えた場合2,500円となり、これ以降は11キロから20キロまでは3,500円、21キロから30キロまでは4,500円といったように10キロ毎に1,000円追加されていく制度となっています。荷物を預ける場所は、手荷物カウンターです。『スキップサービス』を利用する場合であっても、預ける荷物がある時は手荷物カウンターに寄る必要があります。手荷物カウンターではお客様控えや携帯にダウンロードされた2次元バーコードの提示が求められるため、手続きをスムーズにできるよう手元に準備しておきましょう。

予約の変更・キャンセル・払い戻し

予約の変更が可能な運賃には大人普通運賃や往復運賃、小児運賃、身体障がい者割引運賃、介護割引運賃などがあり、『そら旅』や『STAR』といった割引運賃は予約の変更ができません。予約の取り消しに関しては、航空券購入前であれば手数料はかかりませんが、航空券購入後であれば手数料がかかってきます。手数料には払い戻し手数料と取り消し手数料の2種類があり、払い戻し手数料は全ての航空券の払い戻しにかかり、航空券1枚もしくは1区間あたり430円必要です。取り消し手数料は大人普通運賃などの予約の変更が可能な運賃にはかかってきませんが、『そら旅』や『STAR』といった予約の変更ができない運賃にはかかり、『そら旅』は取り消しをする日によって手数料が異なってきます。例えば『そら旅80』の場合、搭乗予定日の90日前までの取り消しであれば運賃の約10パーセント、80日から89日前までであれば約30パーセント、それ以降便出発前までであれば約50パーセントが取り消し手数料となります。『STAR』は路線によって取り消し手数料が異なり、羽田から福岡間などであれば取り消し日に関わらず1,500円必要です。ただし、取り消しを予約便の出発後に行うと、取り消し手数料が増額したり、予約変更が可能な運賃でも取り消し手数料が発生したりするため、必ず予約便出発前までに取り消しを行いましょう。もし悪天候や機材整備などで予約便が欠航や遅延となった場合、予約変更ができない運賃でも変更ができるようになり、もとの搭乗日より30日以内の便に1度だけ変更が可能です。また払い戻しをする場合も全額返金となります。この場合の変更の手続きや払い戻しは、もとの搭乗日より10日以内に行う必要があります。

コンタクト

ご不明な点がございましたら、下記のお電話番号までお問い合わせください。

0570-03-5971
【月~金】9:00~19:00
【土日祝】10:00~19:00

各種サービスお客様サポート

小さなお子様のご利用について

小さなお子様のご利用について

小児運賃の対象は満3歳から11歳までとなっており、予約はインターネットや予約センターなどで行うことができます。小児の割引が適用となるのは大人普通運賃からのみで、『STAR』や『そら旅』といった割引運賃には小児の割引は適用されないため、大人と同じ運賃での利用となります。もし、割引運賃を予約した時に小児運賃の方が安い場合は自動的に小児運賃が適用されますが、この場合の運賃は『スター小児運賃』と呼ばれ、通常の小児運賃が予約変更できることに対し、『スター小児運賃』は変更ができないことが特徴です。飛行機に1人で搭乗できる年齢は6歳からで、6歳と7歳は必ず『リトル☆コメット』と呼ばれるサポートサービスを利用する必要があります。8歳から11歳までも『リトル☆コメット』の利用は可能ですが、大人同様にサポートなしで搭乗することも可能です。『リトル☆コメット』を利用する場合、出発空港では見送り人、到着空港では出迎え人が必ず必要で、出発空港では申込書と、6歳と7歳は同意書の記入も求められます。

幼児運賃と予約方法

幼児運賃と予約方法

0歳から2歳までの幼児であれば、大人の膝に抱っこされて搭乗することで運賃は無料となります。幼児は生後8日後以降から飛行機に搭乗することが可能です。座席を使用する場合、小児と同様に運賃を支払うことで1席確保することができますが、1歳までの幼児は離着陸時には大人が抱っこすることが条件となっています。大人が抱っこすることができない場合などはチャイルドシートを使用する方法がありますが、スターフライヤーではチャイルドシートの貸し出しを行っていないため、乗客自身で手配する必要があります。

妊娠中のご利用について

妊娠中のご利用について

妊娠している女性がスターフライヤーを利用する場合、出産予定日より29日前までであれば通常通り搭乗することが可能です。出産予定日より28日前から7日前までに搭乗する場合は、「航空機への搭乗が可能である」旨が記載された医師の診断書が必要となります。さらに出産予定日から7日以内に搭乗する場合は医師の診断書に加え、医師の同伴も必要です。妊娠している女性は、搭乗口に早めに到着することで機内への搭乗を優先的に案内してもらえます。

ご搭乗にお手伝いが必要なお客様のご利用について

ご搭乗にお手伝いが必要なお客様のご利用について

スターフライヤーでは目や耳が不自由な方、病気や怪我をされている方などの搭乗をサポートしてくれます。出発空港や到着空港では、歩行が困難な方や、長距離の歩行に支障がある方などに車椅子の貸し出しサービスを行っています。機内でも機内用車椅子の用意が可能ですし、目の不自由な方のための点字による安全のしおりや、耳の不自由な方のための筆談ボードもあるため、搭乗に不安がある方でも安心できるでしょう。機内で医療用酸素ボンベなどの特別な医療機器を使用する場合や、重度の病気などである場合は、事前に『SF CALL CENTER』と呼ばれるスターフライヤーの予約センターへの連絡が必要です。搭乗のためには医師の診断書が必要となりますが、予約センターへ事前にFAXすることで搭乗日当日、空港での診断書の提示が不要となります。予約センターへの連絡や必要書類の送付は搭乗日の2日前までが締め切りとなっているため、余裕を持って相談するようにしましょう。車椅子が電動の場合も、電動車椅子のサイズや重さ、バッテリーの種類などの確認が必要となるため必ず予約センターへの連絡が必要です。盲導犬や介助犬などの同伴も可能で特に料金はかかりませんが、予約センターへの連絡は必須となっています。高齢者の搭乗もサポートしてくれます。数に限りはありますが、歩行などに支障がある場合は空港にて車椅子を貸し出してくれますし、搭乗時には機内へ優先的に案内をしてくれるため安心でしょう。

ペットのお預けについて

ペットのお預けについて

スターフライヤーをペットと一緒に利用する場合、必ず事前に予約センターまで連絡が必要となります。預けることができるペットは小鳥、猫、犬となっていますが、ブルドッグやボクサー、ペキニーズなどの13種類の短頭種犬に関しては6月1日から9月30日までは預けることができません。ペットは必ずケージに入れて預ける必要があり、ケージは乗客自身で用意することも可能ですし、スターフライヤーでも無料で貸し出しを行っています。ペット料金は路線に関わらず一律6,000円です。出発空港での手続き場所は手荷物カウンターになり、出発時刻の30分前までに手続きを行う必要があります。この時にペット料金の支払いや、同意書の提出が必要になりますが、同意書はあらかじめインターネットからダウンロードできるようになっているため、事前に記入をして持っていきましょう。なお、ペットを預けている間、餌や水をケージに入れることはできませんが、ノズル式タイプの給水器のみ取り付けることが可能となっています。

スターフライヤーの国内線の空港・機内サービス

スターフライヤーの国内線の空港・機内サービス

スターフライヤーの座席は全て革張りの高級感がある仕様となっており、さらに全ての機材において座席数が150席と少なめに設けられているため座席の足元の広さに余裕があることも特徴です。全ての座席にモニターやフットレストが設けられていますし、USBポートやACコンセントも設置されているため、搭乗中に携帯やノートパソコンなどの充電ができるようになっています。他にも各座席にコートフックやエアコンの調節ノズルなどがついているため、搭乗中も快適に過ごすことができるでしょう。モニターにはビデオ番組が12チャンネル、オーディオプログラムが8チャンネル用意されており、ビデオ番組にはニュースやスポーツ、子供向けのものなどがあります。また、オーディオプログラムにはJ-POPやクラシックなど多彩なジャンルが揃っています。機内ではコーヒーやスープ、ジュース、日本茶など飲み物のサービスがあり、コーヒーは『タリーズ』と共同開発したオリジナルの一品で、ビターチョコレートも一緒に提供してくれます。小さなお子様には絵本やスターフライヤーオリジナルのおもちゃなどの用意もあるため、お子様連れでも安心して搭乗できるでしょう。空港ラウンジサービスの対象となっているのは、『STAR LINK VEGA』と呼ばれるスターフライヤーを数多く利用している会員のみです。『STAR LINK VEGA』になることで、羽田空港の『エアポートラウンジ』や福岡空港の『ラウンジTIME』、北九州空港の『ラウンジひまわり』が無料で利用できるようになります。"

スターフライヤー運航路線一覧

乗り継ぎ便のご利用について

SFJ(スターフライヤー)に関する新着記事

運行本数が多い!スターフライヤーの羽田-北九州間の便を利用した航空券の料金は?

スターフライヤーは九州を中心として、全国さまざまな路線を展開している航空会社です。羽田空港-北九州空港では他社よりも多くの本数を運行しています。スターフライヤーは、他社よりも座席間隔が広く、機内で快適に過ごせるのも特徴の […]

続きを読む

料金?機内サービス?航空会社の選び方

国内を飛行機で移動する時重要なのが、航空会社選びです。どんな航空会社を選ぶかで、料金やサービスが異なります。今回は、国内の航空会社の選び方を紹介します。 航空会社を選ぶ時のポイント 航空会社を選択する際に重視したい2大ポ […]

続きを読む

国内線の各LCCの座席を徹底比較!快適さに違いはある?

国内線の各LCCの座席を徹底比較してみると、各社それぞれ違いがあります。今回は国内線のLCCの座席を比較しました。 ジェットスター ジェットスターのシートピッチは74cmです。これは、JAL・ANAなどの一般航空会社より […]

続きを読む

料金は?サービスは?スターフライヤー、ジェットスター徹底比較!

スターフライヤーは北九州に拠点を置く航空会社で、ジェットスターは格安航空券を予約できる成田空港、関西空港に拠点を置くLCCです。料金以外にも、座席や機内サービス、荷物の制限など多くの異なる点があります。今回はスターフライ […]

続きを読む

福岡発着!スターフライヤーの名古屋(中部国際空港)までの料金、運行本数は?

スターフライヤーは、北九州空港を中心とした路線を運行している航空会社です。スターフライヤーの名古屋までの路線は福岡間で運行しています。今回はスターフライヤーの中部国際空港-福岡空港間の料金、運行本数についてまとめました。 […]

続きを読む