空旅.comなら 春秋航空日本航空券を最安値検索でき、簡単に予約できます! 全券種値下げ!最大83%OFF 空旅.comなら 春秋航空日本航空券を最安値検索でき、簡単に予約できます!

春秋航空日本人気ランキング春秋航空日本人気ランキング

中国初の民間LCC(ローコストキャリア)である春秋航空日本股分有限公司の関係会社として、2012年10月に発足いたしました。
現在、首都圏を拠点とし、2014年8月1日の定期国内線及びその後に定期国際線の就航を計画いたしております。春秋航空日本股分有限公司の就航路線ネットワークを最大限活用し、ビジネス、観光のみならず生活路線の開拓を目指し格安運賃の提供により、新たな需要を喚起し利用者の利便性の向上を目指すことで地域経済の活性化に貢献してまいります。

こちらの14社の横断検索が可能です。

  • スカイマーク
  • JAL予約
  • ピーチ
  • フジドリームエアラインズ
  • エアドゥ
  • IBEXエアラインズ
  • ジェットスター
  • Oriental Air Bridge
  • バニラエア
  • 天草エアライン AMX
  • ANA予約
  • スターフライヤー
  • ソラシドエア

春秋航空日本の感想・口コミ春秋航空日本の感想・口コミ

利用者からの感想・口コミ

年齢
ご利用の路線往復
復路
目的
レビュータイトルレビュータイトル
  • 悪い 普通 良い
    総合評価
  • 悪い 普通 良い
    サービス
  • 悪い 普通 良い
    価格
  • 悪い 普通 良い
    快適さ
レビュータイトルレビュータイトル
レビュー (4)
Avatar
2017/9/7
42歳/男性
ご利用路線成田→新千歳
目的旅行

全然普通

まだ使ったことのない、LCCの中でも何となくイメージの違う春秋航空を利用してみました。意外と普通!そんな印象でした。旅行で札幌に行く際に利用したのですが、機内は清潔で、座席は狭いですがLCCでは普通くらい?でしたし、我慢できないという点はこれといって無かったです。スタッフも皆日本人でした。空いていたので別席に移動しようとしたのですが、駄目でした。こういうところ気遣いしてくれればいいのになと思いました。でも、料金は本当に安かったのでまた機会があれば利用しようとおもいます。
  • 悪い 普通 良い
  • 総合評価
    Ranking
  • サービス
    Ranking
  • 価格
    Ranking
  • 快適さ
    Ranking
Avatar
2017/9/5
30歳/女性
ご利用路線成田→広島
目的帰省

広島に行けるのはうれしい

LCCをよく使うんですが、広島に行く時はいつも新幹線を使っていました。私は成田の近くに住んでいるので、新幹線までいくのが面倒だったのですが、広島行きのLCCがあるということで春秋を使うようになりました。サービス面を省いている分、飛行機にしては割安の料金で乗れるので助かります。駅までの移動費とかも考えると新幹線よりもリーズナブルかと思います。大体片道1万円いかないくらいですかね?乗る前は安すぎて警戒してましたが、今のところトラブルにあったことはないですね。サービス面がANA、JALより劣るとか言われますが、移動手段として割り切ればなんの問題もないと思います。
  • 悪い 普通 良い
  • 総合評価
    Ranking
  • サービス
    Ranking
  • 価格
    Ranking
  • 快適さ
    Ranking
Avatar
2017/9/1
25歳/男性
ご利用路線成田→大阪
目的旅行

コーヒー飲み放題

LCCの中でも春秋航空は初めてつかいました。初めて利用するので搭乗する前に春秋航空のことを調べてみたらどうやら中国系の航空会社で、中国色のつよいCAさんや機内サービスなのかなと思い乗る前はすごい不安でした。しかし、実際は全然そんなことはなく、機内も思ったよりきれいでサービスも特に不快ではなく、いい意味で普通のサービスだったと思います。料金のことを考えると若干のシートの狭さも我慢できる程度で今回の旅行で利用してよかったです。あとコーヒー好きな自分にとって100円でコーヒー飲み放題なのもポイント高かったです。
  • 悪い 普通 良い
  • 総合評価
    Ranking
  • サービス
    Ranking
  • 価格
    Ranking
  • 快適さ
    Ranking

春秋航空日本国内線の価格/サービスのご案内

春秋航空日本の国内線を、なるべく安く購入するには?

春秋航空日本の国内線を安く購入するには、不定期に開催しているセールを利用すると良いでしょう。例えば、成田から佐賀へ行く場合、片道737円から行くことができます。通常、成田から佐賀間は片道3,520円からとなっていますので、約80%オフの価格で飛行機に乗ることができます。これは、毎月7日に開催しているセールで、数量限定の座席となります。7日のセールは、成田から広島間、成田から佐賀間のみの販売となっており、広島空港行きの便は人気があるため、すぐに売り切れてしまいます。当日の昼12時から販売が開始されますが、すぐに売り切れてしまいますので、なるべく安く行きたいというのであれば、7日の12時を狙って行動を始めると良いでしょう。セールで買うことができる座席は、「ラッキースプリング」というもので、ただ乗るだけという座席です。手荷物も5kgまでしか持ち込めず、預入手荷物も有料ですので注意してください。
その他のセールも不定期に開催されています。LCCである春秋航空日本は、通常の価格でも大手航空会社に比べれば、格安で国内旅行を楽しめます。あまり交通費にお金を掛けたくないという方は、LCCで旅行を楽しむと良いのではないでしょうか。

春秋航空日本の国内線の特典のサービスとは

春秋航空日本を使って国内線に乗る場合の特典は、”安い”という点につきます。春秋航空日本というのは、低価格で飛行機に乗れるLCCであるため、様々なサービスが有料となっています。例えば、機内で食べる事ができるお菓子や飲み物は、比較的安価ではありますが有料です。機内で飲めるコーヒーは、1杯100円となっており、1回買えばおかわり自由ですので、お得です。機内での飲食にお金をかけたくない方は、空港内で購入するか家から持ってくるようにすると良いでしょう。ただし、飛行機に持ち込める液体量などは決まっていますので、その量は守りましょう。
LCCでは機内サービスなども有料です。映画の上映や、ブランケットの貸出はございませんので、もし機内で時間をもてあましそうである場合には、音楽を聞いたりタブレットなどに映画を入れて見るなどの工夫をするといいでしょう。また、スマートフォンでゲームをしたいという場合でも、CAまたは機長の判断によりスマートフォンの使用が認められない場合があります。スマートフォンを機内モードに設定し、電波を発しない状態にしているのであれば問題ありませんが、通信対戦などの機能は利用できない場合がありますので、注意が必要です。
春秋航空日本の国内線のサービスはほとんどが有料ですが、その分航空券はリーズナブルに抑えることができるので、仕方がないと割りきって乗ってしまうと良いでしょう。また、国内線ですので、長くても3時間程度の搭乗時間をごゆっくりされるのもいかがでしょうか。

春秋航空日本の国内線 格安航空券のご予約について

当日空港のチェックイン~搭乗までの流れ

春秋航空日本のチェックインには、航空券引換証やQRコードが必要になります。航空券引換証は、航空券の受付終了画面に表示されていますが、プリントアウトできなかったという場合でも問題ありません。春秋航空日本では、QRコードが読めなかった場合や、航空券引換証を忘れてしまった場合の対策として、予約番号というものを発行しています。この予約番号をチェックインの際に、自動受付機に入力することで航空券を発券できます。もし、端末の操作が分からないという場合は、近くにいる係員に聞くと良いでしょう。
次に、空港のチェックインの締め切りですが、LCCは締め切り厳守です。少しでも遅れたら、その便に乗ることはできません。春秋航空日本の場合、チェックインの締め切り時間は出発時間の35分前です。35分を過ぎてしまうと、一切受け付けてくれませんので時間の管理には注意が必要です。
成田空港は、第3ターミナルからの出発となります。国内線は2階のBがチェックインカウンターとなっており、手荷物もそこで預入ができます。次に、広島空港は、ターミナル2階からの出発です。搭乗口は、航空券に記載されていますので、都度確認をしてください。最後に佐賀空港ですが、こちらもターミナル2階からの出発となります。春秋航空日本と書かれていますのでそれを探すようにしてください。各空港共に、搭乗手続き後、保安検査場を通過したら飛行機に搭乗できます。係員の指示に従って行動してください。

座席の指定について

春秋航空日本では、座席指定は有料となっています。座席指定をせず、ただ飛行機に乗るだけならば追加料金はかかりませんが、「窓側が良い」や「足元が広い所が良い」などという場合は、座席指定をしなければなりません。座席指定料金は、コンフォートシート・フロントシート・スタンダードシートに分かれており、それぞれ別途プラス料金がかかります。
コンフォートシートの場合は、プラス1,000円、フロントシートの場合は、プラス500円かかります、スタンダードシートは、プラス400円かかります。特に広いとことに座りたいと思わない場合には、座席指定なしにすると良いでしょう。

手荷物のサイズ・重量について

機内に持ち込める手荷物
機内に持ち込める手荷物
受託手荷物(空港のカウンターで預けるお荷物)
受託手荷物

春秋航空日本では、手荷物のサイズに制限を設けています。3つの運賃プランを用意しており、下から順に「ラッキースプリング」(※)・「スプリング」・「スプリングプラス」(※)となっています。ラッキースプリングの場合、機内持ち込み手荷物5kgまでのみが持ち込めます。無料で手荷物を預け入れることはできません。次に、スプリングですが、機内持ち込み手荷物は最大で5kgまでとなっています。それ以降の荷物は、手荷物として預け入れなければなりません。その際に、手荷物と預入手荷物の合計が15kgを超える場合は預入ができません。スプリングの場合、手荷物と預入手荷物の合計が15kg以下ならば無料で預入ができますが、超過した場合は超過したkg分だけ超過料金が取られます。次に、スプリングプラスですが、機内持ち込み手荷物が最大5kg、預入手荷物と合わせて25kg以内であれば無料で受け付けてくれます。こちらもスプリング同様、超過した場合は超過したkg分だけ超過料金が発生します。

※ 『ラッキースプリング』は航空会社独自のサービスとなっており、弊社ではお取扱できない航空券です。

具体的にどのくらいの超過料金が取られるのかを紹介します。春秋航空日本では、事前購入と当日購入の料金を設定しており、当日購入のほうが事前購入と比べ2倍の料金が取られます。ラッキースプリングの場合、5kgまでの超過であれば、750円(事前購入)です。事前購入であれば最大で、30kg以下まで購入することができます。次に、スプリングの場合ですが、こちらもラッキースプリング同様、5kgまでの超過であれば750円(事前購入)です。ただし、20kg以下までしか事前購入では買えませんので注意が必要です。最後に、スプリングプラスですが、5kgまでの超過であれば750円(事前購入)です。ただし、10kg以下までしか事前購入では買うことができません。それ以上の超過料金は、当日空港で買う必要があります。春秋航空日本では、グレードが高い座席のほうが、事前購入の手荷物制限が厳しくなっています。それには、もともと25kgまでは無料で受けつけてくれるようになっていることなどが理由のようです。うまく手荷物のやりくりをして、手荷物超過料金を支払わずに乗れると節約につながるのではないでしょうか。

予約の変更・キャンセル・払い戻し

春秋航空日本の予約変更・キャンセル・払い戻し内容は、運賃の種類によって異なります。まず、一番下の運賃である「ラッキースプリング」から見ていきます。ラッキースプリングの予約変更・払い戻しは一切出来ません。キャンセルもできません。次に、中間運賃の「スプリング」ですが、こちらは予約変更・払い戻しができます。ただし、各種手数料がかかります。出発15日前までであれば、予約変更で15%、払い戻しで30%の手数料がかかります。出発予定日の14日から8日前までは、予約変更で50%、払い戻しはできません。7日前からはどちらもできません。最後に、「スプリングプラス」ですが、こちらもスプリング同様に予約変更・払い戻しが可能です。出発15日前までは、予約変更が5%、払い戻しが10%です。出発予定日の14日から8日前までは予約変更が30%、払い戻し50%、出発予定日の7日以内は予約変更が50%、払い戻しが不可となります。このように、ラッキースプリングは一切の予約変更・払い戻しができないのですが、スプリング・スプリングプラスは出発予定日から起算して、所定の日数以内であれば予約変更・払い戻しが受けられます。
ただし、条件があります。予約変更は、「予約変更する便の同等の運賃またはそれ以上」という規定があり、それ以下の運賃へ予約変更はできません。払い戻しは、付帯サービス料金を除く航空券のみです。座席指定のオプション料金などは返ってきません。また、クレジットカードで決済している場合は、カード会社を通じて返金されますが、現金で支払っている場合は、銀行振込での対応となります。その際の手数料は、自己負担となりますので注意が必要です。

各種サービスお客様サポート

小さなお子様のご利用について

小さなお子さんを連れて春秋航空日本に乗る場合ですが、基本的に大人と同額の運賃を支払って乗る必要があります。春秋航空日本では、満12歳から1人で搭乗することが可能です。6歳から12歳までのお子さんを1人で搭乗させる場合、様々な条件があります。まず、春秋航空日本のデスクに電話をし、「ジュニアサポートサービス」の適用を受ける必要があります。
ジュニアサポートサービスは、6歳から12歳未満の子供が1人で飛行機に乗る際のサポートで、同伴者がいない場合に利用できます。ただし、見送り・迎え時に保護者がいなければならず、保護者が居ない場合にはサポートを受けることができません。また、ジュニアサポートサービスは別途サービス料がかかります。詳しくは、春秋航空日本のサポートデスクまで電話をしてください。なお、ジュニアサポートサービスはインターネット上では受け付けていません。お願いをする場合は、春秋航空日本のサポートデスクに電話で予約をする必要があります。

幼児運賃と予約方法

幼児運賃は、12歳以上の大人1人につき、1,500円で乗ることができます。ただし、膝の上に座る場合です。座席を必要とする場合には、大人と同額の料金を払う必要があります。また、自動チェックイン機ではお子さんの分も搭乗券が必要です。1人1枚発行されますので、お子さんの分も発券してください。
なお、幼児運賃で乗ることができるお子さんは、生後15日~1歳までの子です。2歳以上のお子さんは、大人と同じ運賃となります。また、生後15日未満の幼児は搭乗できません。予め注意しておいてください。

妊娠中のご利用について

妊娠中の方ですが、妊娠している周期によって対応が異なります。まず、妊娠してから32週目未満の方は、特に制限なく乗ることができます。次に、32週以上35週未満の方ですが、搭乗日を含めた7日以内の診断書が必要となります。診断書がない場合は、搭乗することができません。また、同意書も必要になります。所定の様式が必要になりますので、春秋航空日本のホームページよりダウンロードして使うようにしてください。
なお、妊娠35週目以降の場合は、安全上の都合により搭乗できません。注意してください。

ご搭乗にお手伝いが必要なお客様のご利用について

搭乗に手伝いが必要な方、例えば視覚障害者の方などは、事前に春秋航空日本に申し出ればサポートをしてもらえます。その際の予約は、インターネット上では受付ができません。春秋航空日本のサポートデスクに電話で相談をしてから座席の手配をする必要があります。通常、春秋航空日本の予約を電話でする際には、新規予約手数料が必要なのですが、搭乗に手伝いが必要な方からの予約には手数料はかかりません。また、予約締め切りは、搭乗予定日の5営業日前までとなります。当日は、出発予定時刻の90分前までに搭乗手続きや保安検査を通過しておくと良いでしょう。お手伝いが必要な方は、検査などに時間がかかると見込まれるからです。春秋航空日本の場合、出発予定時刻の35分前が搭乗手続きの締め切り時間です。もし、手伝いが必要な方が35分ちょっと前に到着し、手続きをしたとしても間に合わない場合があります。その場合でも飛行機は待ってくれません。空港内で暇になってしまうかもしれませんが、なるべく早めに着いて手続きを終わらせておくほうが懸命でしょう。
先ほどもご紹介したように、妊娠35週目以降の方以外は春秋航空日本に搭乗することができます。ただし、機内での安全の確保が自身でできないという場合は、付添人を必須としており付添人がいない場合には、利用することができませんので注意が必要です。また、各種診断書や同意書は当日空港に持っていくのではなく、春秋航空日本のデスクに返送しなければなりません。返送はFAXで十分です。この手続きを忘れないようにしてください。

ペットのお預けについて

ペットを飼っている場合、ペットと一緒に旅行に行きたい、という方もいます。LCCである春秋航空日本では、ペットを預けて一緒に旅行に行くことはできるのでしょうか。結論からいうと、「NO」です。春秋航空日本を始め、LCCではペットの預入を断っています。日本では、大手航空会社2社がペットの預入サービスを実施しており、ペットと一緒に旅行に行きたいというのであれば、そちらを利用すると良いでしょう。
ペットを飛行機に乗せる場合、環境変化に弱い動物の場合、最悪のケースを覚悟しなければなりません。飛行機は気圧の高い場所を長時間飛ぶため、ペットにとってストレスになってしまいます。ペットの預入を実施している大手航空会社2社においても、「ペットの安全は保障できないし、自己責任で預け入れる」という承諾書を書かなければなりません。もし、ペットを連れて旅行したいのであれば、出来る限り飛行機以外の車など安全な手段を選択するのが良いでしょう。

春秋航空日本の国内線の空港・機内サービス

春秋航空日本の空港でのサービスはほとんどありません。LCCですので、余計なコストをカットして運行しています。大手航空会社のように、ラウンジを用意していたり、温かいお茶を出したりするサービスはついていません。次に、機内サービスですが、基本的に有料です。まず、軽食ですがカップラーメンが用意されています。3種類ほど用意されており、それぞれ400円程度で食べられます。お湯は向こう側で入れてくれ、透明なフタを付けて提供してくれますので、3分経てば食べられます。次に、飲み物ですがコーヒーが100円で楽しめます。おかわり自由ですので、100円払えば何杯でも飲めます。アルコール類も用意されており、500円程度で楽しめます。ラインナップとしては、ビール、チューハイ、日本酒です。LCCで日本酒を提供している航空会社は珍しく、春秋航空日本だけと宣伝しています。ソフトドリンク類は、すべて200円で買えます。水やコーラなどが用意されていますので、喉が渇いた際には購入すると良いでしょう。次に、スナック類ですが、こちらの価格はバラバラです。200円から400円程度で買うことができ、ちょっとしたお茶菓子として最適です。
このように、春秋航空日本の機内サービスは有料です。空港で買って持ち込むという手もありですし、自宅から持ってくるということも可能です。しかし、機内に持ち込める液体の量は、100ml以下です。これを超える場合は持ち込みができませんので注意が必要です。

春秋航空日本運航路線一覧

春秋航空日本に関する新着記事

何分前までに搭乗手続きをすれば良い?春秋航空日本(スプリングジャパン)のチェックインから搭乗までの流れ

春秋航空(スプリングジャパン)は成田空港、広島空港、佐賀空港の路線がある航空会社です。航空券を予約したものの、初めて利用するのでチェックインの流れが分からず不安な人もいるのではないでしょうか。今回は春秋航空の国内線のチェ […]

続きを読む

料金?機内サービス?航空会社の選び方

国内を飛行機で移動する時重要なのが、航空会社選びです。どんな航空会社を選ぶかで、料金やサービスが異なります。今回は、国内の航空会社の選び方を紹介します。 航空会社を選ぶ時のポイント 航空会社を選択する際に重視したい2大ポ […]

続きを読む

国内線の各LCCの座席を徹底比較!快適さに違いはある?

国内線の各LCCの座席を徹底比較してみると、各社それぞれ違いがあります。今回は国内線のLCCの座席を比較しました。 ジェットスター ジェットスターのシートピッチは74cmです。これは、JAL・ANAなどの一般航空会社より […]

続きを読む