空旅.comなら スカイマーク航空券を最安値検索でき、簡単に予約できます! 全券種値下げ!最大 83%OFF

国内格安航空券最安値検索

スカイマーク人気ランキングスカイマーク人気ランキング

スカイマークは、羽田から札幌・福岡・沖縄など14都市などの主要空港に就航しております。 開業当初は少なかった運航路線も現在スカイマークは「24路線」に拡大し利便性も向上しています。また路線によっては、朝早い便や夜遅い便があり、旅行などの観光に行く際は、現地で目いっぱい時間を有効に使えるのでぜひ利用してみる価値ありだと思います。

こちらの14社の横断検索が可能です。

  • JAL予約
  • ANA予約
  • バニラエア
  • フジドリームエアラインズ
  • エアドゥ
  • IBEXエアラインズ
  • ピーチ
  • Oriental Air Bridge
  • ジェットスター
  • 天草エアライン AMX
  • 春秋航空
  • スターフライヤー
  • ソラシドエア

スカイマークの国内線の価格/サービスのご案内

スカイマークの国内線を、なるべく安く購入するには?

スカイマークには『SKYセール』や『SKYバーゲン45』など、さまざまな割引運賃があります。SKYセールは発売期間が限定されていることが特徴で、スカイマークの一部の路線の一部の時間帯が普通運賃から最大で80パーセントほども安くなるお得な運賃です。SKYバーゲン45も路線などが限定されたり、対象の時間帯が一部であったりと条件はつきますが、SKYセール同様、普通運賃から80パーセント近く安くなることがあります。SKYバーゲン45はSKYバーゲン45の席に空席がある限り、搭乗日の45日前までであれば予約を受け付けてもらうことができます。そのため、スカイマークでお得な運賃の利用を考える場合は、早めに予定を考える必要があるでしょう。しかし、もし急に飛行機に搭乗することになった場合でも、スカイマークには『いま得』や『前割3』、『前割1』などのお得な運賃があります。いま得は路線によって予約締切日が異なりますが、搭乗日の3日前や前日まで予約ができる運賃で、予約変更ができないことが特徴です。前割については前割3であれば搭乗日の3日前まで、前割1であれば搭乗日の前日まで予約ができ、いま得よりは運賃が高めですが、同じ割引の席に空席がある限り変更を受け付けてくれます。

スカイマークの国内線の特典のサービスとは

スカイマーク自体には、マイレージプログラムなどマイルやポイントを貯める制度がありません。そのため、自社のマイルによる特典などのサービスは利用できませんが、『デルタ航空』のマイルを貯めることでスカイマークの飛行機に無料で搭乗することはできます。デルタ航空のマイレージプログラムは『スカイマイル』と呼ばれており、マイルを貯めるためにはデルタ航空の会員になる必要があります。ただし、スカイマークの特典を利用するためには、日本在住でかつスカイマイル提携クレジットカードの本会員であること、またはデルタ航空の『メダリオン』という上級会員であることなどが条件です。マイルは、デルタ航空やデルタ航空が提携する20社以上の航空会社の航空券を購入することで貯まりますが、クレジット機能付きのカードであればショッピングなどに利用した金額に応じてマイルが貯まる場合がほとんどです。スカイマイルには有効期限がないため、失効を心配することなく気長にマイルを貯めることができるでしょう。スカイマークの特典に交換するためには路線によって15,000マイルか20,000マイルが必要で、往復でも片道利用でも同じマイル数が必要となります。一部対象外の路線や搭乗日などもありますが、多くの路線で利用することができます。予約はスカイマークでなく、デルタ航空のオンラインから行わなければなりません。出発日の14日以上前で、かつ60日以内に申し込みを行うことも条件で、マイルは予約確定後に引き落としとなります。予約確定後は予約の変更や取り消しができなくなり、マイルのマイル口座への払い戻しも不可能です。搭乗手続きの受け付けは有人カウンターのみで、運転免許証や健康保険証などの身分証明証の提示が必要となります。

スカイマークの国内線 格安航空券のご予約について

当日空港のチェックイン~搭乗までの流れ

スカイマークの搭乗手続きは有人カウンター、もしくは自動チェックイン機で行うことが可能です。証明書の提示などが必要な場合や、搭乗のサポートを必要とする場合などは自動チェックイン機が利用できないため、カウンターへ行く必要があります。搭乗手続きの受け付け開始時間は空港によって異なり、羽田空港、札幌新千歳空港、神戸空港、福岡空港、沖縄那覇空港であれば、出発当日カウンターがオープンした時間から手続きができますが、これらの空港以外は出発時間の2時間前からの受け付けとなります。また搭乗手続きの締め切り時間は全ての空港で同じで、出発時刻の20分前までです。搭乗口には出発時刻の15分前には到着する必要があるため、余裕を持って手続きを行いましょう。搭乗手続きに必要なものは購入方法によって異なり、コンビニで支払いをした場合は受領印のあるお客様控え、旅行代理店で購入した場合は航空券引換え証、インターネットや予約センターにてクレジットカードで購入した場合は、購入に使用したクレジットカードが必要となります。スカイマークの主要空港のカウンターの場所と営業開始時間は次の通りで、羽田空港は第1ターミナル2階、北ウィングにあり午前4時50分から、札幌新千歳空港は国内線ターミナル2階で午前6時45分から、神戸空港は旅客ターミナル2階で午前6時から、福岡空港は国内線ターミナル1階で午前6時から、沖縄那覇空港は国内線ターミナル3階で午前7時15分から営業しています。

座席の指定について

スカイマークでは団体旅客などは対象外となりますが、『SKYセール』や『いま得』などの個人運賃を利用する場合には事前に座席指定をすることが可能です。ただし、全ての座席が事前座席指定の対象とはなっていないため、予約状況によっては事前に指定ができないこともあります。また、予約のみで航空券の購入が済んでいない場合は搭乗日の3日前までしか座席指定ができませんが、航空券の購入が済んでいる場合は出発時刻の1時間前までホームページなどのサイトから指定ができるようになっています。

手荷物のサイズ・重量について

機内に持ち込める手荷物
機内に持ち込める手荷物
受託手荷物(空港のカウンターで預けるお荷物)
受託手荷物

スカイマークの機内に持ち込みが可能となっているのは、ハンドバックや傘などの身の回り品の他に、荷物の幅と奥行き、高さの3辺の合計が115センチ以内におさまる荷物が1人につき1個までとなっています。また幅と奥行き、高さの3辺のそれぞれが、40センチ、25センチ、55センチ以内におさまる必要もあり、1人あたりの機内持ち込みの重量制限は10キロまでです。もしこの範囲内におさまるものでも、収納スペースに入れることができない場合は貨物室での預かりとなることを前提としましょう。機内に持ち込んだ手荷物は座席の上の棚か、前の座席の下に収納する必要があります。非常口前の座席の場合は、前に座席がないため、全て座席の上の棚に収納しなければなりません。機内に持ち込みが禁止されている品物もあり、化粧用や裁縫用などの小さなはさみは除きますが、刃渡り4センチ以上のはさみやナイフなどの刃物類、バッドやゴルフクラブといったスポーツ用品は安全上の理由から持ち込むことができません。ライターやアルコールなどには持ち込みに条件があり、ライターは液体ライターやオイルライターであれば可能で1人につき1個まで、アルコールは度数が24パーセント以下であれば量に制限はありませんが、25パーセント以上70パーセント以下のアルコールは1人あたり5リットルまでとなっています。(http://skymark.jp/ja/support/safety4.html)預ける手荷物は機内に持ち込む荷物の重量と別に、1人あたり20キロまで無料です。大きさは荷物の幅と奥行き、高さの3辺がそれぞれ50センチ、60センチ、120センチ以内におさまるもので、1個あたりの重さが32キロ以内となることが条件となっています。20キロを超えた場合、超過手荷物手数料を支払うことで100キロまで預けることが可能で、超過手荷物手数料は10キロごとに1,000円必要です。例外として、スキー板やサーフボードなどであれば、120センチを超えても預かってもらうことができますし、ベビーカーや車椅子などは無料で預かってもらえます。しかし、花火やガスボンベ、ペイント類などの発火や引火の可能性があるものは、預けることが禁止されているため注意が必要です。手荷物の手続きは手荷物カウンターで行っており、受け付け締切時間は出発時刻の20分前までとなっています。

予約の変更・キャンセル・払い戻し

スカイマークの運賃には予約の変更が可能なものや、条件付きで変更が可能なもの、予約変更が不可能なものがあります。予約が変更可能な運賃には『大人普通運賃』や『小児普通運賃』、『身体障がい者割引運賃』があり、購入日の翌日から120日間であれば何度でも日にちや時間を変更することが可能です。運賃に差額が生じる場合は差額分の返金、もしくは差額を支払う手続きが必要となります。条件付きで変更が可能な運賃には『前割3』や『前割1』などがあり、前割3であれば搭乗日の3日前まで、前割1であれば搭乗日の前日まで、同じ割引の運賃に空席がある限り変更することが可能となっています。『SKYセール』や『SKYバーゲン45』、『いま得』などの運賃は変更することができません。また、払い戻しも航空券の種類によって異なり、予約変更が可能な航空券であれば、航空券1枚につき払い戻し手数料の500円を差し引いた金額が返金されます。前割3や前割1を払い戻す場合は航空券1枚につき払い戻し手数料の500円と、路線によって2,000円や3,000円など所定の取り消し手数料がかかります。いま得を払い戻す場合も払い戻し手数料の他に取り消し手数料がかかり、手数料は購入後から搭乗日の60日前までであれば4,000円、それ以降便出発前までは5,500円です。SKYセールやSKYバーゲン45を取り消した場合は払い戻しできません。ただし、国内旅客施設使用料だけは返金されます。悪天候や機材調整などにより遅延や欠航が生じた場合は、これらのルールと異なり、払い戻す場合は全額返金となりますし、変更ができない運賃でも、もとの搭乗日から30日以内であれば日にちや時間の変更ができるようになります。

コンタクト

ご不明な点がございましたら、下記のお電話番号までお問い合わせください。

0570-077-322
【月~金】9:00~19:00
【土日祝】10:00~19:00

各種サービスお客様サポート

小さなお子様のご利用について

小さなお子様のご利用について
スカイマークでは3歳以上の小児から運賃が必要となり、小児運賃の対象となるのは11歳までです。変更可能な運賃を希望する場合は小児普通運賃が利用できますが、割引運賃には小児の割引がないため大人と同額での利用となります。割引運賃を予約した時、小児普通運賃の方が安い場合は自動で小児普通運賃が適用されます。また、5歳以下の搭乗に関しては必ず12歳以上の保護者の同伴が必要です。6歳、7歳であれば『SKY KIDS』と呼ばれるサポートサービスを利用することで1人で搭乗することができ、『SKY KIDS』の申し込みは予約センターや空港カウンターで受け付けてくれます。8歳から11歳も『SKY KIDS』を利用することができますが、大人同様に1人で搭乗することも可能です。『SKY KIDS』を利用する場合、搭乗当日、同意書などにサインが必要で、また子ども1人につき保護者1人が搭乗口まで見送りをすることができます。到着空港では係員が到着ロビーまで案内をしてくれます。

幼児運賃と予約方法

幼児運賃と予約方法
生後8日以後から2歳までの幼児については、座席を利用せず、大人の膝に抱っこして搭乗することで運賃は無料です。座席の確保を希望する場合は小児運賃や割引運賃を購入することで可能となりますが、スカイマークではチャイルドシートの貸し出しを行っていないため、1歳までの幼児に関しては離着陸時に必ず保護者が抱っこをする必要があります。また、赤ちゃんを連れて搭乗する場合、ミルク作りの手伝いや優先搭乗などのサポートを行ってくれます。数に限りはありますが、空港ではベビーカー貸し出しも行っているため便利でしょう。

妊娠中のご利用について

妊娠中のご利用について
妊娠中の女性がスカイマークを利用する場合、出産予定日の29日前までであれば通常通り搭乗することができます。予定日から28日以内の搭乗となる場合は、医師の診断書の提出が必要となります。さらに出産予定日から7日以内の搭乗となる場合には医師の診断書の提出と、医師もしくは助産師の同行が必要です。助産師のみの同行の場合は、診断書に助産師のみの同行で良い旨を医師に記入してもらわなければなりません。また、妊娠中の場合、搭乗を優先的に案内してもらえるサービスがあります。

ご搭乗にお手伝いが必要なお客様のご利用について

ご搭乗にお手伝いが必要なお客様のご利用について

スカイマークには乗客の身体が不自由であっても、病気や怪我をしていても安心して飛行機に乗ることができるよう、相談にのったり、必要な手配を行ったりできる専用ダイアルを設けています。また、耳や言葉に不自由がある乗客のために、ファックスによる予約サービスも行っており、これらのダイアルは年中無休で8時から20時30分まで営業しているため、利用しやすいでしょう。目が不自由な乗客のために、機内の安全のしおりにも点字版の用意があります。病気や怪我の具合や、酸素ボンベなど医療機器の使用状況などに応じて診断書が必要となることもありますが、ペースメーカーを装着していたり、機内にインシュリンの注射を持ち込んだりする場合、診断書は必要ありません。しかし、保安検査場の通過は、糖尿病患者であることやペースメーカーを使用していることなどを証明できるものがあった方がスムーズになるでしょう。車椅子を希望する場合は、空港や機内で車椅子を手配してもらうことができます。車椅子の予約はホームページなどでは受け付けができないため、予約センターへの連絡が必要です。また、スカイマークは高齢者の搭乗のためのサポートも行っており、長距離の歩行が困難であれば、出発空港や到着空港で車椅子の手配などを行ってくれます。飛行機への搭乗が階段となる場合にも、リフトカーなどの手配をしてくれるため安心でしょう。相談は予約センターで受け付けており、予約センターは年中無休で営業しています。

ペットのお預けについて

ペットのお預けについて
スカイマークでは、カブトムシなどの昆虫や金魚などであれば逃げ出したり、他の乗客から見えないようにしたりといった条件を満たすことで機内に持ち込むことが可能です。ハムスターやウサギ、猫、犬などのペットは機内に連れていくことはできないため、預ける必要があります。その際、必ずペットケージが必要となり、ペットケージは乗客自身で用意することもできますし、スカイマークでも貸し出しを行っています。ペットケージのサイズには上限があり、51センチ×69センチ×48センチを超えるもの、またこのサイズのクレートに入らないペットは預かることができません。パグやシーズー、ブルドッグなどの短吻種犬も体調を崩しやすいといった理由から、飛行機に乗せることができないようになっています。ペットの預かりについて、事前の予約は必要ありません。出発当日、直接カウンターで手続きを行うことで預けることができ、手続きの締め切り時間は出発時刻の60分前までとなっています。料金は全国一律5,000円で、ペットケージの貸し出しは無料です。

スカイマークの国内線の空港・機内サービス

スカイマークの国内線の空港・機内サービス
スカイマークの機内には無料のコーヒーサービスがありますし、チョコレートや飴も無料でサービスしてくれます。有料のドリンクやお菓子のサービスもあり、お茶やジュース、スナック菓子などの他に、ビールやワイン、おつまみなどを購入することができます。また飛行機の模型やボールペンなど、スカイマークオリジナルグッズの販売があることも魅力でしょう。機内でのエンターテイメントには機内誌や、子供向けの絵本の貸し出しがあります。オーディオやwi-fiなどのサービスはありませんが、電波を発しない電子機器であれば利用できるため自分で持ち込んだオーディオ機器などを使用することはできますし、機材によりますが、座席の下にコンセントが設置されており自由に使うことができるため便利でしょう。スカイマークの飛行機には、『足のばシート』と呼ばれる足元が広めの座席もあります。通常の座席に比べ足元が19センチから38センチも広くなっているため、機内でゆったりと過ごすことができるようになっています。事前に予約はできないため、出発当日に出発空港での申し込みが必要となり、利用料金は1,000円です。さらに『足のばシート』には、優先搭乗やソフトドリンクを1杯まで無料で提供してくれるなどのサービスもあります。スカイマークには空港ラウンジがありません。しかし、スカイマークが運航しているほとんどの空港には、有料の空港ラウンジがあり、クレジットカードの会社によりますがゴールド会員であれば無料で利用することができます。"

Skymark Airlinesに関する新着記事