初めてでも大丈夫!eチケットの使い方と当日の流れ

f3177f1a02e0db2a0b19af145492eb80_m

eチケットとは、航空券の形態の1つで、Webサイトまたは電話による旅客機の座席予約を電子的に航空会社のシステム内に記録したものです。今回はeチケットの概要、使い方、当日の流れをまとめました。

eチケットとは?

eチケットとは、航空券の形態の1つで、Webサイトまたは電話による旅客機の座席予約を電子的に航空会社のシステム内に記録したものです。チケットレスサービスと呼ぶこともあります。

普及率は10年間でほぼ100%になっています。eチケットと紙の航空券の違いは、 紙の航空券を持たず旅行が可能なので、航空券の紛失・盗難の恐れがない点が挙げられます。

参考:
JAL国内線 – eチケット発券

eチケットお客様控えとはあくまで控え

eチケットお客様控えは「旅程表」「確認書」とも呼ばれています。航空券の情報が記載されており、予約変更・払戻、搭乗時に必ず必要です。あくまで控えであり、航空券ではありません。

eチケットお客様控えには2次元バーコードが記載されており、バーコードで航空券の権利を確認する情報を読み取ることができます。

eチケットの使い方は?

eチケットは、メールで送付されたeチケットお客様控えに記載されているURLから印刷することができ、空港にある自動チェックイン機で使用します。

eチケットお客様控えを印刷した方が良いの?

国内線の場合は、eチケットお客様控えを印刷しなくても特に問題はないと言えるでしょう。eチケットお客様控えは携帯電話で2次元バーコードとして航空会社のホームページや、送付されたメールから取得できます。

海外へ旅行する際は本人確認や短期の観光や商用などでビザなしで入国する場合の条件として、○日以内の復路の航空券の提示が求められることがあります。そのため、提示すればスムーズに入国できることが多いので、eチケットお客様控えをプリントアウトしておいた方が良いでしょう。

当日の流れは?

当日の流れは空港にある自動チェックイン機で搭乗手続きを行ってから保安検査場を受け、飛行機に搭乗します。

image03

今回は、空旅.comでJALの航空券を購入した場合の流れを例として説明します。

1 .自動チェックイン機で「搭乗手続き」を選択

  1. 画面の案内に沿って、「予約番号」「確認番号」を入力

  2. eチケットを発券

  3. 預ける荷物がある場合、手荷物預かり所へ進み荷物を預ける

  4. 出発15分前までに保安検査を受ける

  5. 出発10分前までに搭乗口まで行く

  6. 飛行機に搭乗

航空券を購入した旅行代理店や航空会社によって流れが多少異なる場合があります。不明点がある場合は、空港係員に確認しましょう。

まとめ

eチケットは従来の紙の航空券の紛失・盗難の恐れをなくすために導入された、ウェブサイトまたは電話による旅客機の座席予約を電子的に航空会社のシステム内に記録したものです。

eチケットを購入すると航空会社か旅行会社からメール、郵送などでeチケットお客様控え(旅程表、確認書とも呼ばれる)が送付されます。eチケットお客様控えは国内線の場合は発券しなくてもあまり問題はありませんが、国際線の場合は入国がスムーズになるので、プリントアウトした方が良いでしょう。

当日の流れは空港にある自動チェックイン機で搭乗手続きを行って保安検査場まで進み、出発10分前までに搭乗口まで行き、飛行機に乗ります。

失くすことがなく、簡単に搭乗券を発券できるeチケットを利用して、旅行を楽しみましょう!

関連記事

知っておくと荷物検査がスムーズに!空港内の保安検査場とは 初めての飛行機で、手荷物検査を受ける保安検査場でどんなことに注意しなければいいのか分か
初めての飛行機!航空券の予約の流れってどうなってるの? いざ飛行機に乗って旅行!しかし初めての飛行機の予約は不安がつきものです。今回は空旅.c
他の航空会社と違う?スターフライヤーの預け荷物の制限まとめ 空港カウンター窓口で預ける荷物は受託手荷物と呼ばれ、航空会社各社はそれぞれに異なる基準
航空券を忘れた!航空券を忘れた場合、紛失した場合の対処まとめ 航空券をうっかり家に置いてきてしまった!そんな場合でも手続きをすれば飛行機に搭乗するこ