どこに座る?ジェットスターの座席まとめ

a0a06008e6ae7082f1a8de95812068f7_m

ジェットスターの座席は普通席しかないと思う人も多いのではないでしょうか?ジェットスターの座席は普通席以外もあります。今回は、ジェットスターの座席種類や利用料金に関する情報についてまとめました。

ジェットスターの座席指定サービスとは

座席指定サービスとは、基本運賃に追加料金を支払い、自分の好きな座席を指定できるサービスのことです。ジェットスターの場合、座席を指定する時、もしくは予約変更時に申込みを行います。

座席の希望がない場合は、自動で振り分けられた座席に座ります。

座席の種類と違いについて

ジェットスターには「スタンダードシート」「アップフロント・シート」「エクストラ・レッグルーム・シート」の3種類のシートがあります。座席変更する場合、追加料金を支払う場合があります。

アップフロント・シートとは

アップフロント・シートは、機内前方に位置する座席です。座席の場所が出入り口に近いため、目的地の空港に到着後、他の乗客よりも早く飛行機から降りることができます。

アップフロント・シートは「Starter」「Starter Plus」は有料、「Starter Max」は無料で利用できます。Webサイト上での変更は場合460円、空港カウンターでの変更は570円の追加料金が必要になります。

エクストラ・レッグルーム・シートとは

エクストラ・レッグルーム・シートとは非常口側にある、スタンダードシートより足元のスペースが少し広めの座席です。シートピッチが20cm程、スタンダードシートより広いのが特徴です。

アップフロント・シートは「Starter」「Starter Plus」は有料、「Starter Max」は無料で利用できます。シートを変更する場合、ウェブサイト上での変更に670円、空港カウンターでの変更に570円の追加料金を支払う必要があります。

指定座席を利用する際の注意点

アップフロント・シート、エクストラ・レッグルーム・シートなど非常口座席近くの席の席を予約する場合、緊急時に、航空機ドアの開閉等、緊急脱出の援助を実施したり、脱出手順の案内や乗務員の指示を他の乗客に伝えるなど、緊急時に客室乗務員やパイロットの指示のもと、行動する必要があります。

非常口座席についてはこちらを参考にしてください。年齢制限あり?非常口座席を予約する際の注意点

さいごに

ジェットスターの座席指定サービスとは、基本運賃に追加料金を支払い、自分の好きな座席を指定できるサービスのことです。全部で3種類のシートがあり、座席予約の際、もしくは予約変更時に申込みます。

非常口座席を使用している2種類の座席は、緊急時の脱出援助ができるなど、利用の際に確認すべき、注意点がいくつかあるため、搭乗前にチェックしておくことをオススメします。

関連記事

どこに座る?バニラエアの座席まとめ バニラエアにはスタンダードシートとリラックスシートの2種類があります。今回はバニラエア
どこに座る?ピーチ・アビエーションの座席まとめ ピーチ・アビエーションの飛行機に乗る際、普通席以外の席を利用した経験がない方も多いので
どのクラスがおすすめ?飛行機の座席の「クラス」ってなに? 座席のクラスは国際線で多く使われるものです。国内線の場合、クラスよりも区分が近いです。
運行本数が多い!LCCのジェットスターとは? ジェットスターは、LCCの中でもっとも路線数が多い航空会社です。航空券の料金もJAL・