台風や悪天候でも大丈夫!?飛行機が欠航になった場合の対処

1e854473b2aca684d2fc3e0d0bdb15de_m

台風や悪天候で飛行機が欠航。そのようなときは、払い戻しや予約の変更をする必要があります。今回は悪天候によって飛行機が欠航になった場合の対処法をまとめました。

飛行機が欠航になった場合払い戻しか振替

image01_result

JALやANAといった一般航空会社、ジェットスターなどのLCCは台風や吹雪などの悪天候時は振替便への変更が可能です。取り消し手数料、払い戻し手数料がかからないほか、払い戻しも行ってくれます。

払い戻しあり

どの航空会社でも台風や吹雪のなどの不可抗力な悪天候での大幅な遅延・欠航は払い戻しをしてくれます。払い戻しの手続きは、予約出発予定日より10日以内に済ませる必要があります。

予約の変更が可能

台風、吹雪などの悪天候で欠航した場合、ほかの便へと振替をしてくれます。悪天候などの不可抗力な欠航の場合、他社便への振替はできず、自社の飛行機のみ変更することができます。

一般航空会社は振替ができた場合、本数が多いため、当日に乗ることができる可能性が高いです。LCCの場合本数が少ないので、当日に乗ることができない可能性が高く、後日別の便に乗ることもあるので注意が必要です。

払い戻し・予約の変更は旅行代理店に連絡

image03_result

払い戻し・予約変更の手続きは購入した航空会社のコールセンターかWebサイトで行うことができます。また、空港内にある各航空会社のカウンターからも行うことができます。

搭乗予定の欠航がわかった場合、空港内のカウンターには行列ができるほか、コールセンターや各航空会社のWebサイトはつながりにくくなる場合があります。当日までに払い戻し・変更手続きをしたい場合、速やかに行動しましょう。

払い戻し・予約変更は後日に手続きをすることができます。時間に余裕がある場合、後日手続きをすると良いでしょう。払い戻し・予約変更の際は認証コード、eチケットお客様控え、航空券を提示する必要があります。

次の表は一般航空会社の払い戻し・予約変更の有効期間をまとめた表です。

一般航空会社

image001_result

LCC

LCCは航空会社によって払い戻し・予約変更の期限が異なります。悪天候で飛行機が欠航になった場合、航空券を購入した旅行代理店にできる限り早く連絡し確認するようにしましょう。

帰りの便が欠航した場合の注意点

image02_result

帰りの便が欠航した場合、宿泊施設の利用は自己負担となります。悪天候が何日も続き、何日か過ぎた後に、振替の便へ乗ることもあるので注意が必要です。また、飛行機以外での移動も、航空会社が負担せず自己負担なので注意が必要です。

飛行機の欠航は確認可能

image04_result

航空会社のホームページには、遅延・欠航情報の詳細が記載されています。9月やなどの台風が多い時期は飛行機が欠航になる可能性が高いです。あらかじめ自分で遅延・欠航情報を確認しておくと、欠航になってしまった場合でもスムーズに行動することができます。

まとめ

台風や吹雪などの悪天候の場合、どの航空会社でも払い戻し・予約変更をすることができます。しかし、自社都合ではないので、予約の変更は自社便のみです。

行きの欠航は自宅に帰り、後日飛行機に乗ることもできますが、帰りの便が欠航した場合の宿泊料金は自己負担なので注意が必要です。

各航空会社のホームページには遅延・欠航情報が記載されています。台風が接近しているときはしっかりと確認するようにしましょう。

関連記事

image01
冬の時期の飛行機は大丈夫?雪で欠航・遅延は起きる? 冬の時期は雪などによって欠航・遅延などは起きることもありますが、航空会社も整備をしっか
image01
出張や旅行でも困らない!飛行機が遅延したときの4つの対応 搭乗する飛行機が遅延してしまっても、事前に情報を知っておくか、その後の対応を知っていれ
image1
スカイマークは予約変更できる?変更できない航空券あり? 急な用事が入り、航空券の予約を変更したい人もいるのではないでしょうか。今回は、スカイマ
a0002_007716_m
必見!航空券選びの5つのポイント 航空券には様々な種類があり、制約が少ない、料金が安いといった特徴があります。今回は航空