旅行者必見!国内旅行を安くする5つの方法

2017.08.13

旅行

週末や連休に近場に旅行しようと思っても、気になるのはやはり旅行代金のことではないでしょうか。特に家族旅行の場合はひとり当たりの費用をできる限り抑えたいところです。ちょっとのコツで国内旅行の費用は意外と安くなります。今回は、国内旅行を安くする方法をご紹介します。

一般航空会社の航空券も早期予約割引を利用すればお得に

JALやANAといった一般航空会社を利用する場合、早期予約割引がおすすめです。例えば、9月6日のJALの羽田-那覇間なら75日前までの料金は15,2900円からですが、28日前までの予約だと19,400円円です。早期予約割引の種類によって数千円も値段が変わります。もし事前に予定がわかっているなら、早期予約割引を利用しましょう。

ただし、早期予約割引は航空券の変更ができない、キャンセル料が高いなどのデメリットもありますので、事前に確認が必要です。

早期予約割引については次の記事も参考にしてください
航空券を格安で取得するならこれ!飛行機の早期予約割引とは?
早期予約割引はどのタイミングで予約すればお得?

※5月調査時点の料金
JAL:2017年 9月6日 羽田空港6:25発-那覇空港9:00着
ANA:2017年 9月6日 羽田空港6:20発-那覇空港8:55着

安さを追求するならLCCが便利

国内旅行で飛行機を利用するのにもっともお得なのは、LCCです。LCCを利用すれば、一般航空会社より移動費を抑えることができます。例えば、9月6日のジェットスターの成田-那覇間の航空券の料金は5,490円です。

また、旅行直前でも格安の航空券を予約できます。LCCはオプションを利用すれば一般航空会社にも劣らない座席の広さやサービスも利用できます。

※2017年5月調査時点の料金
ジェットスター:2017年 9月6日 成田空港8:45発-那覇空港11:40着

宿泊施設のランクを変えて宿泊費を抑える

宿泊施設のランクを変える事で、宿泊費を抑えられます。当たり前ではありますが、高級ホテルよりもビジネスホテルなどのほうが宿泊料金は低めに設定されています。また、ゲストハウスやドミトリーを利用すれば、価格も抑えられるだけでなく、他の旅行者とのコミュニケーションも楽しめるため、また違った旅の楽しみも発見でき

可能であれば日にちをずらす

国内旅行の値段には、日にちも影響します。国内旅行の金額を抑えるなら、日程選びも重要です。たとえば、三連休を利用して旅行をする場合、行きか帰りを一日ずらすだけでも大幅に旅行代金は安くなります。連休はどうしても費用が高くなりがちなので、可能であれば平日など休みをずらした日程を組むのが費用を抑えられます。

アプリやクーポンを利用する

現地で使える観光アプリやクーポンの利用も国内旅行を安くする方法の1つです。国内旅行に行くなら、各地域の自治体や、観光施設のホームページは確認しておくと良いでしょう。旅行で行きたい場所が既に決まっている場合、各施設の情報は事前に確認しておきましょう。入場料の割引や、特典をもらえるサービスなどが掲載されている場合があります。

アプリやクーポンを上手く利用すれば現地でかかる費用を節約することができます。観光施設だけでなく、ホテルやレストランが割引になる場合も多いです。

さいごに

国内旅行ですが、予約のタイミングを工夫する、LCCを利用すれば移動費を抑えられます。可能であれば、土日祝を避けて旅行の日程を組むのも予算を抑える1つの方法です。クーポンやアプリで現地の滞在費を抑えれば、ハイシーズンでも費用を抑えて旅行に出かけられます。

今回ご紹介した方法を利用して、お得な国内旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

JALの航空券検索
ANAの航空券検索
スカイマークの航空券予約検索
エアドゥの航空券予約検索
バニラエアの航空券予約検索
ジェットスターの航空券予約検索
ピーチアビエーションの航空券予約検索

羽田空港発着の航空券検索
伊丹空港発着の航空券検索
中部国際空港発着の航空券検索

空旅.comの予約ページはこちら!

関連記事

国内旅行に必要な予算はどれくらい? 国内旅行の計画を立てる時、まず予算を決めるという人が多いのではないでしょうか。国内旅行
国内旅行にも飛行機がおすすめ!国内線の飛行機を利用する3つのメリット 国内旅行の行き先が決まった後、次に決めなければいけない事は「どうやって行くか」ではない
安くてもこんなに楽しめる!家族旅行の費用を抑える方法 ただやみくもに旅行の費用を削減しても旅行の楽しみが薄れてしまいます。節約のためだからと
北海道旅行で安い時期はいつ? 北海道旅行に出かけようと思っている方で、安い時期に行き、旅行の費用を抑えたいと考えてい