これって液体?飛行機で預けるときに要注意な液体まとめ

image01

飛行機の手荷物検査で引っかかってしまった!意外な液体で引っかかってしまうことがあります。今回は飛行機で預けるときに要注意な液体をまとめました。

液体の制限は国内線と国際線で異なる

液体の制限は国内線と国際線で異なります。国際線の方が国内線よりも制限が厳しく、中には普段使用しているような液体も液体物で扱われるなど、注意が必要です。

国内線は基本的に危険物を持ち込まなければ大丈夫

image02

国内線は国際線と比べて液体の制限がゆるいです。特に気にしていなくても機内に持ち込むか預けることができますが、容量や重量が決まっているので注意が必要です。容量や重量が制限を超えている場合、その場で捨てる必要があります。

国内線で注意が必要な液体

0.5Lまたは0.5kg以上の化粧品類

化粧水やマニキュア、除毛公益のほか育毛剤などの化粧品類には制限が設けられています。0.5Lまたは0.5kg以上の容器に入っている化粧品類は、預けることも持ち込むこともできないので注意しましょう。

アルコール度数が70%を超えるお酒

アルコール度数が70%を超えるアブサンやスピリタスといった高い度数のお酒は預けることも機内に持ち込むこともできません。旅行先で高いアルコール度数のお酒を飲みたい場合は、現地で購入するようにしましょう。

「塩素系」や「混ぜるな危険」と表示された洗剤

旅行先でも洋服を洗いたいときに注意が必要なのが、「塩素系」や「混ぜるな危険」と表示された洗剤です。規制の対象物なので、けることも持ち込むこともできないので注意しましょう。

接着剤

接着剤は引火点が摂氏60℃を超える液体状のものは輸送することができますが、それ以外の接着剤は預けることも機内に持ち込むこともできません。

国際線は機内持ち込みが厳しい

image03

国際線は国内線と比べて液体に関する制限が非常に厳しいです。水分を含んでいるものはすべて液体として扱われるので注意しましょう。制限を超える液体物は手荷物検査を行っている保安検査場で破棄する必要があります。

機内に持ち込むには?

液体物を機内に持ち込むには次の制限があります。

・100ml以下の容器に入れる
・すべての液体物の容器を1リットル以下のジッパー付き無色透明プラスチック袋にまとめて入れる

国際線で注意が必要な液体

国際線で機内に持ち込む際に制限されている液体物は水分を含んでいるものは含まれていると考えた方が良いでしょう。

国際線で注意が必要な液体は次の通りです。

ヘアワックス

歯磨き粉

缶詰

プリン

漬物

修正液、万年筆のインク

預けるのは特に問題なし

注意が必要なヘアワックスや歯磨き粉などは預けることはできるので、機内に持ち込まず、スーツケースに入れてチェックインカウンターに預けましょう。

まとめ

飛行機で預ける際に注意が必要な液体は、「0.5Lまたは0.5kg以上の化粧品類」「アルコール度数が70%を超えるお酒」「「塩素系」や「混ぜるな危険」と表示された洗剤」です。とくに洗剤は長期間の旅行に出かけるときに持っていくことが多いので注意しましょう。

預けられる荷物と預けられない荷物をしっかり確認して、飛行機にスムーズに搭乗しましょう。

関連記事

機内に持ち込める?飛行機内へのペットボトルの持ち込み方 国内線の場合飛行機内へのペットボトルの持ち込みは、国際線と比べると制限が異なります。今
機内でお弁当を食べたい!飛行機に食べ物は持ち込みできる? 空港内で購入した弁当や、作ってきた弁当などを機内で楽しみたいと思っている人もいるのでは
お土産で買ったけど大丈夫?飛行機にぬいぐるみやおもちゃは持ち込める? 飛行機内にぬいぐるみやおもちゃを持ち込むのは制限があります。制限ないでなかった場合、持
意外な落とし穴?飛行機に預けられない5つのお土産 せっかく買ったお土産を預けられなくて困った!飛行機には預けることができない、いくつかの