航空券を忘れた!航空券を忘れた場合、紛失した場合の対処まとめ

image01

航空券をうっかりして家に置いてきてしまった!そんな場合でも手続きをすれば航空券を再発行して飛行機に搭乗できます。今回は航空券を忘れた場合、紛失した場合の航空券の再発行の方法についてまとめました。

航空券を忘れても再発行できるので安心!

航空券を忘れた、紛失した場合は航空券を再発行できます。現在の航空券は、紙の航空券ではなく、eチケットというJALやANAといった航空会社のシステム内に搭乗者の座席予約や搭乗予定便のデータが記録されています。そのため、紛失・盗難してもすぐに再発行できます。

航空券の再発行は、空港内にある、航空機を発券する自動チェックイン機や航空会社のカウンターで可能です。また、航空券を紛失したとしても、カウンターで本人確認をすれば、再発行できます。

eチケットとは航空券の形態の1つ!

eチケットとは、航空券の形態の1つで、Webサイトまたは電話による旅客機の座席予約を電子的に航空会社のシステム内に記録した航空券のことです。eチケットはチケットレスサービスとも呼ばれ、普及率はほぼ100%です。

航空券を旅行代理店などで予約したときに、メールや郵送で送付されるeチケット控え(旅程表、確認書)には、発券に必要な予約番号や2次元バーコードなどが記載されています。eチケット控えに記載された情報を自動チェックイン機で入力すれば航空券を発券できます。

eチケットの使い方については初めてでも大丈夫!eチケットの使い方と当日の流れ | 空旅.com – トラベルコラムを参考にしてください。

航空券の再発行に必要な書類は?

手元にeチケット控えがあり、予約番号が分かっている場合は必要な書類はとくにありませんeチケットの再発行に必要な書類は次の通りです。

・eチケット控えに記載されている予約番号

・本人確認書類(運転免許証、住民票、パスポートなど)

紛失・盗難にあっても、複雑な手続きをすることなくすぐに航空券を再発行できます。航空券をなくしても焦らずに、航空券を購入した航空海会社のカウンターで手続きをして、航空券を速やかに再発行しましょう。

e-チケット控えを忘れても航空券を発行可能

eチケット控えを忘れて、予約番号を覚えていないときでも、運転免許証やパスポートなど、本人であることが確認できればeチケット控えを再発行でき、航空券を再発行することができます。

さいごに

現在紙の航空券ではなく、eチケットいう、航空会社のシステム内に搭乗者の座席予約や搭乗予定便のデータが記録されており、紛失・盗難の心配はありません。

eチケット控えを紛失したとしても、運転免許証やパスポートといった本人確認書類によって、本人であることが確認できれば空港内で再発行することができます。

紛失・盗難にあうことがないeチケットを利用して、快適な空の旅を楽しみましょう!

空旅.comの予約ページはこちら!

関連記事

初めてでも大丈夫!eチケットの使い方と当日の流れ eチケットとは、航空券の形態の1つで、Webサイトまたは電話による旅客機の座席予約を電
スキップサービスも利用可能!?スターフライヤーのチェックインから搭乗までの流れ 初めて飛行機を利用する方や子供を1人で飛行機に搭乗させる場合、迷ってしまうことも多いの
航空券の普通運賃ってなに?メリット・デメリットまとめ 普通運賃とは飛行機の運賃の定価です。普通運賃は値段が高いために、値段のみで判断すると敬
出張や旅行でも困らない!飛行機が遅延したときの4つの対応 搭乗する飛行機が遅延してしまっても、事前に情報を知っておくか、その後の対応を知っていれ