初めてで乗り方が分からず不安!?空港の入口から飛行機の搭乗口までの流れ

image01

初めての飛行機で乗り方が分からなくて不安でも、事前に確認しておけば不安な気持ちを抱かずにスムーズに飛行機に乗ることができます。今回は空港の入口から飛行機の搭乗口までの流れをまとめました。

空港に行く前に確認しておきたいこと

空港に行く前に、最寄り駅から空港までの移動手段、かかる時間、空港内のマップを確認しておくと良いでしょう。確認しておけば、空港内でも迷うことなく移動することができます。

また、機内に持ち込むことができない荷物や預けることができない荷物もあります。搭乗する日の前日に荷物の最終確認をしておきましょう。

1. 空港に搭乗する飛行機の1時間前に到着

空港の入口から飛行機に乗るまで、時期によって異なりますが45分~1時間程度かかります。学生の夏休みである8月や、年末年始などは混雑するので1時間30分前に到着するのをおすすめします。

2. 搭乗手続きをしに自動チェックイン機へ向かう

空港に到着したら、出発ロビー内にある各航空会社の自動チェックイン機へ向かいます。自動チェックイン機では、eチケットお客様控えに記載されている予約番号、確認番号を入力して航空券を発券します。

JALやANAといった一般航空会社は、出発ロビーの中央に自動チェックイン機が設置されていることが多く、すぐに航空券を発券することができます。ジェットスターなどのLCCは、自動チェックイン機が専用のターミナルにあることがあり移動に時間がかかるので注意しましょう。

3. 機内に持ち込まない荷物を手荷物カウンターで預ける

航空券を発券した後は、機内に持ち込まない荷物を出発ロビーにある手荷物カウンターに預けます。搭乗する飛行機の15分前までに保安検査場を通過できるように、早めに手続きを済ましましょう。

また、預けることができなかった荷物は廃棄するか宅配便で自宅か旅行先に送る必要があるので注意しましょう。

荷物の重量制限についてはお土産買いすぎに注意!飛行機の荷物は何キロまで? | 空旅.com – トラベルコラムを参考にしてください。

4. 保安検査場で機内に持ち込む荷物の検査を受ける

荷物を預けたら、保安検査場で機内に持ち込む荷物の検査を受けます。保安検査場へは出発時刻の15分前までに終えている必要があります。金属類やPCなどの電子機器類を検査用のかごへ入れて検査を受けます。

保安検査場での手荷物検査については知っておくと荷物検査がスムーズに!空港内の保安検査場とは | 空旅.com – トラベルコラムを参考にしてください。

5. 自分の飛行機が出発する搭乗口に向かう

保安検査場で手荷物検査を終えたら、搭乗口へ向かいます。搭乗口の番号は航空券にも記載されているほか、空港の案内掲示板にも表示されているので確認しましょう。

搭乗口へは出発時刻の10分前に到着している必要があります。

さいごに

空港の入口から飛行機に搭乗するまでは約1時間かかります。空港に到着してからは航空券を発券、荷物を預ける、手荷物検査、搭乗口へ向かうという流れです。夏休みや年末年始の時期は、混雑するので余裕を持って1時間30分前までに空港に到着していると良いでしょう。

空港の入口から搭乗口までスムーズに移動して、空いた時間を食事や買い物に充ててみてはいかがでしょうか?

関連記事

乗り方が分からなくて不安、ジェットスターのチェックインから搭乗までの流れ ジェットスターのチェックインの方法が良く分からず、不安な人も多いのではないでしょうか。
初めての利用で不安、ピーチ・アビエーションのチェックインから搭乗までの流れ 皆さんはピーチ・アビエーションの搭乗手続きの流れについてどれくらい知っていますか?今回
便利なサービスあり!エアドゥの搭乗手続きから搭乗までの流れ エアドゥを利用する方の中には飛行機の搭乗が初めてで、飛行機の乗り方に不安を感じている方
機内に持ち込める?飛行機内へのペットボトルの持ち込み方 国内線の場合飛行機内へのペットボトルの持ち込みは、国際線と比べると制限が異なります。今