直行便があり便利!バニラエアの奄美大島の料金はどれくらい必要?

奄美大島は、市街地に近い海水浴場「大浜海浜公園」、国指定天然記念物の動植物が生息している「金策原原生林」などの観光スポットがある人気の観光地です。奄美大島までの移動は予算を抑えるにはLCCの利用がおすすめです。今回は、バニラエアの奄美大島空港の航空券の料金をまとめました。 奄美大島の路線があるLCCはバニラエアだけ! バニラエアは成田空港を拠点に新千歳、那覇、奄美大島の路線があるLCCです...

続きを読む

赤ちゃん連れの旅行、バニラエアの子供料金は?

バニラエアでは子供料金がいくらぐらいかかるのか、不安な方も多いのでは?今回は赤ちゃん連れの旅行にも役立つバニラエアの子供料金に関する情報をまとめました。 子供料金について バニラエアに子供料金はありません。子供であっても大人と同様の運賃が発生します。ただし、生後8日未満の乳幼児、または2歳未満の赤ちゃんの搭乗については別の座席を使用しない場合、1名あたり、1,500円で搭乗できます。 大...

続きを読む

どこに座る?バニラエアの座席まとめ

バニラエアにはスタンダードシートとリラックスシートの2種類があります。今回はバニラエアの座席の違いや利用料金に関する情報をまとめました。 バニラエアのシートの特徴とは バニラエアの国内線で使用している運行機材はエアバス社のA320です。全席180席の内、前方の6席と非常口に近い12席を合わせて、18席がリラックスシートで残りのすべての席はスタンダードシートです。 スタンダードシートとは ...

続きを読む

サイズや重さは?バニラエアの受託手荷物の制限まとめ

国内線の受託手荷物の制限は各社異なり、制限を超えたの手荷物は預けられません。今回はバニラエアの受託手荷物の制限に関する情報をまとめました。 バニラエアの受託手荷物制限とは 受託手荷物とは、チェックインカウンターで預ける手荷物のことです。機内持込み手荷物を多めにもっている時などにも活用できる便利なサービスです。 サイズに関する制限 バニラエアは受託手荷物のサイズに制限があり、国内線の場合...

続きを読む

どこにある?成田空港のバニラエアの出発ロビー、到着ロビーはどこ?

皆さんは、成田空港にあるバニラエアの出発ロビー、到着ロビーがどこにあるか、知っていますか?今回はバニラエアの出発・到着ロビーの場所とアクセス方法についてまとめました。 バニラエアのロビーは成田第3ターミナルへ バニラエアのロビーがある第3ターミナルは2015年4月に開業した施設です。 第3ターミナルはLCC専用で空港内のソファは夜間も利用できます。また、ハンバーガーやお好み焼きが食べられ...

続きを読む