空旅.comなら JAL航空券を最安値検索でき、簡単に予約できます! 全券種値下げ!最大 83%OFF
国内格安航空券最安値検索
JAL人気ランキング

JALは、55日前までの予約可能な「スーパー先得」、45日前までの予約可能な「先得B」、28日前までの予約可能な「先得A」というお得な航空券を取り扱っております。それに加えて、3日前までの予約が可能な「特便割引3」、前日までの予約が可能な「特便割引1」という航空券も取り扱っております。

こちらの14社の横断検索が可能です。

JAL Airlines の国内線の価格/サービスのご案内
JALの国内線を、なるべく安く購入するには?
JALの飛行機をなるべく安く利用したい場合にぴったりなのが、『ウルトラ先得』です。ウルトラ先得は搭乗する日にちや時間帯によって運賃が異なりますが、普通運賃から80パーセント近く安くなることもある、お得な運賃です。しかし、普通運賃などと違って、ウルトラ先得を利用するためには幾つかの条件があることを前提としましょう。まず、ウルトラ先得は発売開始日から搭乗日の75日前までに予約をする必要があるため、早めに旅程を決めなければなりません。また、利用できる席数には限りがあり、ウルトラ先得運賃の座席が満席になり次第、予約ができなくなってしまうので、予約をしたい日が連休や週末などの混み合うことが予想される場合には、発売開始日にすぐ予約を取る必要があります。航空券には購入期限があり、期限を過ぎても購入がない場合は自動取り消しとなってしまいます。購入後は日にちや時間の変更ができないこと、取り消しをする場合は運賃の約半額相当の手数料がかかることも条件です。もし、搭乗したい日から75日前を過ぎている場合は、55日前までの予約でお得になる『スーパー先得』や、45日前までの『先得B』、28日前までの『先得A』、前日まで予約可能な『特便割引1』など、さまざまな運賃があります。
JALの国内線の特典のサービスとは
JALには『JALマイレージクラブ』という会員制度があります。搭乗する飛行機の路線や利用した運賃に応じてマイルが加算されていく仕組みとなっており、例えば東京から福岡のマイルは567マイルで、普通席を普通運賃で利用すると、このまま567マイルが貯まります。しかし、割引運賃で利用した場合は貯まるマイル数が通常の約75パーセントや約50パーセントなどになりますし、逆にクラスJやファーストクラスなどを利用した場合はマイルが加算されるようになっていることが特徴です。提携店も多く、ホテルやタクシーの利用などでもマイルが貯まるサービスが利用できます。また、基本的にマイルの有効期限は搭乗した日やマイルが加算された日から、36カ月後の月末までです。貯まったマイルは特典と交換することができ、特典には『国内線特典航空券』や『JALクーポン』、『国内線クラスJeクーポン』など、さまざまなものがあります。国内線特典航空券とは飛行機を無料で利用できるサービスのことで、区間によって必要なマイル数は異なりますが、例えば東京から大阪であれば12,000マイル、羽田から福岡であれば15,000マイルで往復することが可能です。ただし、利用できる席数には限りがあるため、搭乗したい日が連休や週末などであったり、人気路線であったりする場合には早めの予約が必要でしょう。予約の申し込みは搭乗を希望する日の2カ月前の午前9時30分から可能で、締め切りは搭乗希望日の前日から数えて4日前までになります。復路に関しては予約受け付け開始前であっても『お帰り確約』というサービスがあり、往路から2週間以内の旅程であれば一緒に予約を受け付けてくれるため安心です。
JAL 国内線 格安航空券のご予約について
当日空港のチェックイン~搭乗までの流れ
全国のコンビニエンスストアでも印刷できます。
出発当日、何らかの証明書を見せることが条件となっている運賃に関しては、チェックインカウンターなどに立ち寄る必要がありますが、先得や特便割引などの証明書の提示が必要ない運賃に関しては、直接保安検査場へ向かうことができます。ただし、機内に持ち込みができない荷物がある場合は、必ず手荷物カウンターで荷物tを預けてから保安検査場へ向かいましょう。保安検査場には各航空会社の端末がありますので、そこでIC機能付きの会員カードや、スマートフォンなどに取得した2次元バーコード、eチケットお客様控えのバーコードなどをかざすだけです。もし会員カードをかざす場合は、必ず会員番号を登録する必要があります。また、スマートフォンなどで2次元バーコードをかざしたい場合は、購入完了や予約確認画面からバーコードを取得することができます。eチケットお客様控えも、インターネットなどの購入画面や予約確認画面から印刷することができますし、JALのカウンターや旅行会社などで航空券を購入した場合は、その場で控えを受け取ることが可能です。また、保安検査場は出発時刻の15分前までに通過しなければなりません。そのため、カウンターに立ち寄る必要があるときや、混み合うことが予想されるときは、余裕を持って空港に向かいましょう。主要空港のJALカウンターは羽田空港であれば第1ターミナルの2階、伊丹空港は北ターミナルの1階、新千歳空港は国内線ターミナルの2階、福岡空港は国内線ターミナルの1階、那覇空港は国内線ターミナルの3階にあります。
座席の指定について

座席は予約時などに、事前に指定をすることができます。しかし、飛行機のバランスを保つなどの理由から、事前に指定ができる座席数には限りがありますし、利用する運賃によって指定できる場所が異なることもあります。そのため、窓側や通路側、友人などと隣同士の座席を希望といった場合には、できるだけ早めの予約が必要です。もし希望の座席が空いていなかったときは、搭乗前日の午前5時から事前座席指定ができる席が追加されることがありますし、当日早めに空港に行くことで希望の席が空いていることもあるため、確認をしてみましょう。

手荷物のサイズ・重量について
機内に持ち込める手荷物
受託手荷物(空港のカウンターで預けるお荷物)

手荷物には機内に持ち込みが可能なものと、飛行機に搭乗する前にカウンターなどで荷物として預けるものがあります。機内持ち込み手荷物については、原則は1人につき合計10キロまでで、手回り品などが入ったバッグ1つと、次のような条件にあてはまる荷物が1つとなっています。まず、ボーイング777や787、767などの座席数が100席以上の大きさの飛行機であれば、幅が55センチ、高さが40センチ、奥行きが25センチ以内で、かつ3辺の合計が115センチ以内におさまる手荷物であることが条件です。一方で、E70や90、CRJやSF3などの座席数が100席未満の飛行機に関しては、幅が45センチ、高さが35センチ、奥行きが20センチ以内で、かつ3辺の合計が100センチ以内におさまることが条件となっています。預けることができる手荷物の大きさは、高さや幅、奥行きに関わらず、3辺がそれぞれ50センチ、60センチ、120センチ以内におさまるもので、無料となるのは1人あたり20キロまで、ファーストクラスの乗客は45キロまでです。スキー板やサーフボードなどのスポーツ用品は例外で、貨物室に空きがあれば預かってもらうことができます。目安として、ボーイング777であれば、長さ400センチまで、787であれば300センチまでとなっていますが、CRJなどの小型機では預かることができない場合があるため、宅配便などを検討する必要があるでしょう。また、手荷物の重量の制限を超える場合、超過手数料を支払うことで1人あたり100キロまで預かってもらうことができます。超過手数料はほとんどの路線で1キロにつき400円となっており、飛行距離が短い路線は300円や200円などになります。手荷物には預けることができないもの、条件付きとなっているものなどがあるため、空港へ向かう前に確認をしましょう。例えば、はさみなどの刃物に関しては基本的に機内への持ち込みが禁止されており、刃渡り4センチ以下の化粧用のはさみやT字カミソリであれば持ち込みが可能です。ライターにも制限があり、持ち込みができるのは1人につき1個までで、オイルタンク式のものに関しては預けることも持ち込むことも不可能となっています。

予約の変更・キャンセル・払い戻し
予約の変更について

予約の変更やキャンセルについては、購入した運賃によって条件が異なります。まず、予約変更可能な運賃には普通運賃や往復割引などがあり、90日以内など航空券の期限内であれば何度でも日にちや時間の変更をすることができます。一方で、先得や特便割引といったお得なタイプの運賃は、航空券購入後に日にちや時間の変更をすることはできません。変更を希望する場合は予約の取り消しと航空券の払い戻しをしてから、新規予約と購入を行う必要があります。キャンセルについては、航空券購入前であれば手数料はかかりませんが、購入後であれば手数料が必要です。手数料には払い戻し手数料と取り消し手数料があり、払い戻し手数料は航空券1枚、もしくは1区間に対して430円となっており、全ての航空券の払い戻しに対して必ず必要となります。一方で、取り消し手数料は航空券の種類や運賃によって異なり、普通運賃や往復割引など予約の変更が可能となっているものに対してはかかりません。取り消し手数料の例として、ウルトラ先得やスーパー先得など『先得』と名前がつく運賃は、取り消し日に関わらず運賃の約半額相当が手数料となります。特便割引は取り消しをする路線によって手数料が異なり、例えば東京から大阪の区間の特便割引7であれば一律2,000円となっています。予約変更ができる、できないに関わらず、便出発後に取り消しをすると取り消し手数料が増額することがありますので、必ず便出発前までに取り消しの連絡を行うようにしましょう。また、台風や機材整備などで飛行機が欠航などになった場合、予約変更が不可能な航空券でも日にちや時間の変更が可能となりますし、払い戻しも無料でできるようになります。この場合の変更は、もとの出発予定日から30日後までであれば受け付けてくれます。

ご不明な点がございましたら、下記のお電話番号までお問い合わせください。

0570-077-322
【月~金】9:00~19:00
【土日祝】10:00~19:00

各種サービスお客様サポート
小さなお子様のご利用について
JALで小児と呼ばれる年齢は、3歳から11歳までです。小児に該当する年齢であれば、予約変更が可能な普通運賃利用の際は、運賃が約50パーセント割引となります。ただし、普通運賃以外では小児の割引は適用されないため、先得や特便割引などの割引運賃に関しては大人と同じ金額での利用になります。また、5歳以下の小児は必ず12歳以上の保護者の同伴がないと飛行機に搭乗することはできません。6歳以上の小児であれば『キッズおでかけサポート』を利用することで、保護者の同伴がなくても搭乗することが可能です。しかし、8歳から11歳までであれば必ずしもキッズおでかけサポートを利用する必要はないため、通常の旅客同様に搭乗することができます。キッズおでかけサポートを利用する場合は、『JALスマイルサポートデスク』などで事前に予約が必要となり、また出発空港では見送り人、到着空港では出迎え人が必要となります。出発時は小児1人につき保護者1人まで、保安検査場を通過して搭乗ゲートまで見送りをすることが可能なため安心です。
幼児運賃と予約方法
生後8日以上2歳までの幼児は、大人の膝で抱っこして搭乗することで運賃が無料となり、予約はホームページや予約センターなどで受け付けてくれます。しかし、座席を利用する場合は、3歳以上の小児同様運賃が必要です。その場合も、離着陸時は保護者が抱っこする必要がありますが、抱っこができない場合や保護者が希望する場合はチャイルドシートを利用することができます。チャイルドシートはJALで貸し出しを行っていますし、自分で持ち込みをすることも可能です。また数に限りはありますが、各空港にはベビーカーも用意されています。
妊娠中のご利用について
妊娠中に搭乗するときは、出産予定日の29日前までであれば通常の乗客同様に飛行機を利用することができます。出産予定日の8日前から28日前に搭乗する場合は医師の診断書の提出が必要となり、出産予定日から7日以内となった場合は診断書の提出と医師の同伴が必要となります。また、『ママおでかけサービス』を利用することで、飛行機への優先搭乗などのサービスを受けることができるようになります。ママおでかけサービスの予約は、『JALスマイルサポートデスク』や『JALスマイルカウンター』で受け付けてくれます。
ご搭乗にお手伝いが必要なお客様のご利用について

車椅子を利用している、目や耳が不自由、発達障害があるなどの場合、事前にサポートを申し込むことが可能です。車椅子を利用している場合は、車椅子は手荷物として無料で預けることができ、カウンターからは空港の車椅子を利用することができるようになっています。到着空港においても、車椅子を利用している乗客の希望や状況などに応じた場所から車椅子を準備してくれます。状況に応じて付き添い人が必要となることもあり、お手洗いの利用や緊急時の呼び出しなど、機内で自分の身の回りのことが自分で行える場合であれば付き添い人は必要ありませんが、身の周りのことを自分で行うことが難しい場合は必ず付き添いが必要です。病気やけがの心配や医療機器の使用がある場合は、『プライオリティゲストセンター』で相談を受け付けてくれます。体調や状況に応じて、医師の診断書が必要となることを前提としましょう。糖尿病のため、機内でインシュリン注射を行う必要がある場合などには診断書は必要ありませんが、機内に注射針を持ち込むためにはインシュリン注射が必要である証明などを提示する必要があります。

また、特に病気やけがはなくても、高齢のためサポートをして欲しいといった場合には『シニアおでかけサポート』を利用することができ、必要に応じて車椅子の手配や、搭乗口まで係員が送ってくれるなどのサポートを受けることができます。出発空港では高齢の乗客1人につき、付き添い人が1人まで保安検査場を一緒に通過して搭乗口まで見送ることも可能です。

ペットのお預けについて
ペットと一緒に飛行機に乗るときには、『ペットとおでかけサービス』を利用することができます。ハムスターや小鳥、猫、犬などが対象となっていますが、フレンチブルドッグやブルドッグは、犬自身の体調に支障が出やすいといった理由から預けることができません。昆虫や金魚などは姿が見えないようにするなどの条件を満たせば、機内に持ち込みをすることが可能です。また、ペットとおでかけサービスには、事前に予約が必要な場合とそうでない場合があります。予約が不要なケースとして、ハムスターやうさぎ、猫、小型犬、中型犬などを、乗客自身のクレートを用意して連れていく場合、またこれらのペットに対してSサイズやMサイズのクレートをJALで借りる場合があげられます。持ち込みのクレートが適当と判断されなかったときは、JALのクレートに移動する必要があることを前提としましょう。大型犬の場合はLサイズやXLサイズのクレートが必要となり、これらのクレートには数に限りがあるなどの理由から予約が必要となっています。
JALの国内線の空港・機内サービス
お食事とお飲み物
JALの搭乗クラスは機材にもよりますが、『普通席』と、隣との間隔が広めであることやフットレストなどが魅力となっている『クラスJ』、上質な本革で作られたソファのような座席やゆったりとした空間で過ごすことのできる『ファーストクラス』の3タイプに分かれています。全てのクラスにおいてドリンクのサービスがあり、普通席とクラスJではジュースやお茶はもちろん、コンソメスープやスカイタイムといったJALオリジナルのドリンク、JALこだわりのコーヒー『JAL CAFE LINES』などを楽しむことが可能です。ファーストクラスではこれらのドリンクに加え、厳選されたアルコールや上質な煎茶などもサービスされています。機内食が提供されるのはファーストクラスのみとなっており、搭乗する便や日にち、時間帯によって違うメニューを味わうことができます。
Wi-Fiサービス・機内エンターテイメント
機内にはエンターテインメントも用意されており、洋楽から邦楽まで幅広いジャンルが揃っているオーディオや、機内誌などが定番です。Wi-fiも利用でき、30分で400円となっていますが、『Wi-fiビデオプログラム』は無料で利用することができます。Wi-fiビデオプログラムは幅広いジャンルが揃っており、ドラマやバラエティはもちろん、スポーツやビジネス番組、子ども向けのアニメも揃っているため、子どもと一緒のときにも便利でしょう。Wi-fiビデオプログラムを利用するためには、ノートパソコンやタブレット、スマートフォンなどの端末が必要となります。
目的地から探す
JAL(日本航空)国内線|運行路線一覧
JALに関する新着記事